FC2ブログ

「本気で演技したい」コ・アソンの「柳寛順」が期待される理由



わずか10四歳の年齢で映画「怪物」でソン・ガンホ、ピョン・ヒボン、ペ・ドゥナ、パク・ヘイルと呼吸を合わせて映画界に彗星のように現れた。その後性格はそれぞれ違っても固い芯が伺える演技を繰り広げた。奇妙なモンスターに捕まって行ったり( '怪物')、無表情で銃殺をすると、(「雪国列車」)は、1つしかない弟が自殺した事実に衝撃を受けたにもしたし(「優雅なうそ」)、二十歳に子供を出産し(「風評に聞いていた」)、戦場で子供たちを守り(「兄思い」)、職場の同僚たちを全滅させるさせることもしたので(「オフィス」)、強靭ないたくても強靭しないことがあった。その誰よりも強靭な人物を表現してきた俳優コ・アソンの足跡だ。

そんなコ・アソンが大韓民国の歴史の中で最も強いイメージの女性とされる柳寛順を演じることになる。新しい映画「抵抗」を通じてだ。柳寛順烈士の話を扱ったこの映画でコ・アソンはタイトルロール出る。

1919年3.1運動が開始されたとき、10代の年齢で祖国の光復のために太極旗をフィナルリョトドン、日本の無慈悲な拷問にも屈服しなかった、銃とナイフを前面に出した日本の冷酷法廷の前で「私は堂々としたのの国民である。の人は私君たちの裁判を受ける必要もなく、あなたが私を処罰する権利もない」と叫んだ後、オキサた柳寛順烈士をコ・アソンが演じる。

基本的な発声と表情、奥行きのある感情表現などの技術は、良い演技者が必ず備えるべき徳目である。ここで演技に対する責任、文の中のキャラクターに普遍的な人間を付与する能力、実際の生活の中で激しい悩みの最後にある年輪と内面空白は最高の俳優たちが備えている要素だ。特に俳優ソン・ガンホとイ・ビョンホン、チョン・ドヨン、ファン・ジョンミンと同じ水準級俳優たちから見える姿だ。上記挙げた俳優たちに比べてもかかわらず、年齢はアリーナコ・アソン、やはり過去のフィルモグラフィーで、このような内面を表わしている。コ・アソンの演技はいつも、どんな作品でも納得になった。各煙に似たような年頃の他の俳優とは違う点の年輪と内面を表わしたコ・アソンので柳寛順烈士を引き受けたというニュースがすでに期待感を与える。

コ・アソンは31日、eNEWS24との通話で" '抵抗」は、本当に多くのプレッシャーを持っていたし、悩んだ末に決めた。2回程度の撮影をしました。傲慢せず、低姿勢で柳寛順烈士自体を表現する上で、本気で演技する"と述べた。

今まさに撮影を開始した「抵抗」の中コ・アソンはどんな姿だろうか。あまりにも深くて、新鮮な顔を見せてくれてきたコ・アソンという点で、また一度観客に深い響きを与えるだろうと予想される。この映画は来年封切りを目標にしている。
スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 31.2018   0 comments   0 trackback
Category :俳優

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/40937-de02d62e

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR