FC2ブログ

「百日の郎君様」、最終回までのストーリー+楽しい引き締めた



'百日の郎君様」が最後までしっかりしたストーリーと「ビッグ楽しい」をプレゼントした。

過去30日午後放送されたtvN月火ドラマ「百日の郎君様」の最終回は、世子利率(ドギョンス分)とホンシム(ナム・ジヒョン分)が紆余曲折の末の愛を確認しながらハッピーエンドで終わった。

先進放送でも真剣な展開の中で、多くの場合笑いのポイントを入れて、視聴者を楽しませてきた「百日の郎君様」は放映終了する瞬間まで、視聴者の期待を満たすためにさせた。

この日利率は左上ギムチャオン(チョ・ソンハ分)を処断し、戦場での国を求めた。しかし、婚姻が問題であった。自分に婚姻を強要する王(・趙漢喆分)に利率は意中の女性がいるとした。すると王は落ち着いた表情で「まさかお前振らのか。本当に振らのか」と尋ねて爆笑を誘発した。

慌てた利率に王は、「一体どんな女性イギルレあえて私の息子を!」と怒った。利率は、「結論として申し上げますと車であることマトウナ、その理由はひっそりそのためではない」として楽しさを加えた。続いて「もう少し待ってくれ、私もその女性を待っている」と付け加えた。

結局、王とジョンジェユン(ギムソンホ分)は、一致協力して利率婚姻作戦に突入した。偽りの交配現場に利率を引き込んだこと。利率はジョンジェユン、虹審議抑止結婚式に一気に走って行った「今だけ不便なのか」と言って笑いを買った。また、「私もここに参加をするべきだ」と挑戦状を差し出した。

しかし、利率はホン芯自分ではなく、ジョンジェユンを選ぼう慌てて「誰もあえて私の前に立つことができなかっただろう」とし、自ら元(?)をした。加えて、「勇気がナジルないだろう。もう一度チャンスを与える」と熱心に淡々としたふりをして爆笑をもたらした。

この日放送末には利率とホン芯婚姻を約束してキスした。長い道のりを回り回って愛を確認し、生涯一緒にすることを約束した二人の姿が見る人々を温かくさせた。

一方、9月10日、初めて放送された「百日の郎君様」は、10%台の視聴率を記録し、大きな愛を受けた。過去30日の最終回を最後に幕を下ろした「百日の郎君様」の後続では「鶏竜天女展」が放送される。
スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 31.2018   0 comments   0 trackback
Category :ドラマ情報

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/40921-6dc6aabc

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR