FC2ブログ

ありがたいファンとは

サセペンの異様な実態が明らかになっていますが、同じ熱心でもスターのことを考えてためになること、助けになることに励むファンももちろんたくさん。

☆最近スターを執拗に付きまとう生ファンたちの蛮行が公開されて衝撃を抱かれた。"社宅(サセンペン専用タクシー)"を利用して、24時間スターを追跡することはもちろん、個人情報の盗難や住宅侵入、窃盗行為も辞さない彼らの蛮行は、大衆をギョンアクゲた。しかし、このように、 "悪いファン"だけが存在することはありません。自分が愛する芸能人のための社会貢献の一助となる "善良なファン"の先行も続いている。

ファンはスターの公演やミュージカルと放送出演を応援したり、誕生日やデビュー記念日などを祝うために寄付活動を行う。ファンダムの規模や年齢に応じて少しずつ違いはあるが、主にファンカフェの会員が中心となってチャリ​​ティーバーやオークション、募金運動を進めて寄付を用意して奉仕活動を行っている。

寄付の種類も多様だ。最近最も盛んに行われている寄付の方法は、米や練炭の花輪を送ること。少女時代ソニとスーパージュニアのギュヒョンのファンは、メンバーたちのミュージカル "キャッチ米ライフ有缶"出演を記念して米7.6トンを寄付し、ビーストのファンは、ワールドツアー "ビュチプルショ"の開催を祝うために5835.9㎏の米花輪と8036枚の練炭を寄付した。この他にティアラ、東方神起JYJ 2PM、ビッグバン2NE1など、数多くのスターのファン層が米と練炭を寄付し、暖かさを増している。

欠食児童や養子、自然災害による被害住民を支援したりする。パク·ジェボムの20代以上のファン連合アンダーグラウンドのファンは欠食児童と海外養子後援、ハイチ支援など5700万ウォンを寄付した。これらは現在も子供財団月間の寄付を通じて欠食児童支援を続けており、国際的な韓国人養子縁組奉仕会と、四半期ごとの寄付支援を結んで海外養子縁組に書籍の送付の後援も行っている。JYJパク·ユチョンの叔母のファンは、水害地域の住民のために1000万ウォンを寄付した。

公共財を設立するファンもいる。ジョンパクDCインサイドのファンは、図書館を、イ·ヒョリのファン層は、遺棄動物保護所をそれぞれ建設し、話題を集めた。キム·ヒョンジュンファンクラブは "キム·ヒョンジュン奨学基金"を設立した。普段 "度量が大きい"寄付運動で話題を集めているソテジのファンは、今年3月にブラジルのアマゾンに "ソテジの森"を作ることにして楽しい衝撃をもたらした。

この他に心臓病の子供2人と白血病闘病の子供の手術費を支援したJYJキム·ジェジュンファンクラブ、小児癌闘病の子供の手術費を支援した2AMチョ·グォン - ブラウンアイドガールズのカインファンクラブなど数多くのファンが寄付を行っている。

目すべき点は、経済力がある大人だけでなく、若い学生ファンたちまで分かち合いの文化に参加しているとのこと。パク·ジェボム少女時代東方神起帝国の子供などのファン層は、定期的に一人暮らしの高齢者施設や乳幼児の保護施設を探して奉仕活動を進めている。また、ネイバーハッピービンを使用した寄付運動も活発化している。ハッピー空は現金100元豆を獲得することができるうえ、メールや知識人の候補を使用して無料で豆を得ることもできる。このため、幼い年齢層のファンは、お小遣いを分けたり、コミュニティの活動をしながら寄付できるパスを用意しています。

実際に少女時代のファンは平気と水泳の誕生日を迎え子供財団にハッピー空を寄付し、ユチョンのファン連合もハッピー空を介して現金500万ウォン、米·ラーメンなど800万ウォン相当の現物を寄贈した。この他にアイユシャイニージョン·パクティアラなどのファンダムでもヘピビン寄付に参加しています。

"韓流ブーム"に基づいてK-POPスターたちが全世界的に人気を集め、海外のファンたちも寄付行列に参加しています。
東方神起のユノ·ユンホ、中国のファンは、小学校に文房具やチェクゴルサンを寄付し、タイのファンたちも、視覚障害児のための奉仕活動を進めている。少女時代テヨン、中国ファンも四川省のある学校に事前に400冊を送ったことがある。ワンダーガールス、ベトナムのファン層も孤立した子供のための奉仕活動を繰り広げた。

▶長所と短所は?このようにファンが分かち合いの文化に参加することに対する視線はほとんど好意的だ。特にご両親に小遣いをもらって自分の好きなスターに巨額の"朝貢"をしていた一部の若いファンまで奉仕活動や寄付に関心を示すことを置いて"ファン層が変わった" "見栄えが良い" "その星には、ファンダム" "コンセプトいる"など褒め言葉を惜しまない。スターたちもこのようなファンの変化を嬉しく受け止めている。実際に所属事務所YGエンターテイメントの寄付プログラム"ウィズ(WITH)キャンペーン"に参加しているビッグバンGドラゴンは、ファンが自分の誕生日を記念してソウル大学小児病院に2000万ウォンを寄付しよう"感動した"と5000万ウォンを追加寄付した。

ある関係者は"本人がボランティア活動や寄付に興味があるスターたちは、自分のファンが寄付やボランティア活動をしたという事実を知りとても好きだ。だから、自分のファンに奉仕活動を奨励し、またファンの善行に感謝一つの心を伝えるスターたちも多い"と伝えた。

しかし、ファン層の寄付金額が公開され、 "私のスターの名前になった寄付が、他のスターのものより多くてもならない"という競争意識を持つファンが生まれているという事実は警戒するべきことが指摘されています。▶ファン層の文化の変化、なぜですか?ファンは自分が好きなスターのイメージを向上させるために、自発的に寄付やボランティア活動に参加しています。ペンレトナプレゼントを送り、スターの後を追う代わりに、意味のあるところに経費を使用することで、 "私の芸能人"に誇りに思ってファンになって大衆にも成熟したファン層の文化を見せて寝ること。

このようにファンの意識が変化するようになったのはスターたち努力が一役買った。スターたちが率先垂範してファンの意識まで変えたこと。実際に母校の奨学金支援、ハイチ地震被害助け合い寄付500万ウォン寄付し、西アフリカの開発支援金2500万ウォン寄付など、さまざまな先行をしていた東方神起ユノ·ユンホが、昨年のファッション文化マガジン誤報がが行った"スターと一緒に養子縁組キャンペーン"に参加して動物自由連帯と絆を積もう、ファンは彼の誕生日に動物自由連帯で200万ウォンを寄付したことがある。

また、寄付はもちろん、一人暮らしの高齢者施設と保育園、ハイチなどで奉仕活動をしたワンダーガールズソネのファン層は、彼が米国進出前の奉仕活動をしていた乳幼児の保護施設を探して定期的に奉仕活動を進めている。ファンの善行を奨励するスターもある。
イ·ヒョリは、ファンと一緒に捨て犬の保護施設を自分で作成し、練炭配達ボランティア活動を進めて話題を集め、帝国の子供たちは、ファンと一緒にするキャンプを推進して話題を集めた。ある関係者は"芸能人は大衆、特に青少年に大きな影響力を与える。だから、デビュー前から所属会社の次元で、定期的にボランティア活動をさせて人格教育に力を傾ける。長い時間奉仕活動をして分かち合いの文化が身についた芸能人は、デビューその後も、自分が受けた愛を寄付や奉仕活動の形式で、社会に還元しようと努力する。このような姿に感動したファンが参加して、芸能人自らファンと奉仕活動をして特別な思い出を作りたいこともある。このような過程でファンと、より強固な絆が形成され、胸がいっぱいにも感じる"と説明した。
スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 30.2012   0 comments   0 trackback
Category :KーPOP

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/409-49c12ae9

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR