FC2ブログ

「進士300」カン・ジファンXオ・ユナ、遊撃訓練優秀登板



「本当の男300」が「よう」の「価値」を正しく確認させてくれた。歴代級高強度のトレーニングに直面した「300戦士」の挑戦者は、終始一貫して、お互いを気にして応援して遊撃訓練の危機を克服する姿を見せた。

特に遊撃訓練」成績優秀者」に選定されたカン・ジファンとオ・ユナは、「みんなで受けた上だと思う」との同期と受賞の喜びを一緒に分けてジーンとすることを加えた。9人の士官候補生たちが歴代級の難易度を誇る訓練を通じて大韓民国最精鋭戦闘要員」300戦士」に一歩近づいた。

この日放送末にはオ・ジホ、イ・ジョンヒョン、柿スト、サンダラ・パク、ジュイなど「300戦士」に向けた挑戦の第2ラウンド」特戦司令部」に挑戦した彼らの姿がびっくり公開され、今後繰り広げられる「本物の男300」の旅の期待をさらに引き上げた。

去る26日放送されたMBC「本当の男300」(演出チェミングン章スンミン)で最後の遊撃訓練の姿と生活館復帰後待望の化学兵器訓練を受ける姿が繰り広げられた。これら極限の訓練を一緒に克服する「よう」の「価値」を伝え、視聴者に深い響きを抱かせた。

受講生は、先週のトレーニングを軽く超える過酷な訓練と向き合うした。単に体が大変な訓練ではなく、極限の高さで遭遇「恐怖」と息の根を締めて来る「恐怖心」は、これらをさらに堅くした。

まず、教育生たちは「山岳技術訓練場」に向かった。訓練場に移動中広がる絶景に酔っていた訓練生の瞳は、しばらくして産する中位置の垂直岩壁を確認して揺れ始めた。ロープかに頼ったまま下降しなければなら歴代級高難度の訓練であるせいで、受講者は一様に緊張した表情で調教の試験を注視した。訓練は、R1とR2のそれぞれの場所で、前面降下と背面降下の2つの方法で行われた。

「本当の男300」の愉快な男マシューダウしまう前面降下を控えて「恐怖を噛むた」という覚悟を固めたし、ギムジェファとオ・ユナが「おいしくお飲みください"、"美味しい"とうなずく返事をして笑いを誘った。

先週「総合障害訓練」で高所恐怖症」を自ら克服し出したオユンアは「34mって...そんな崖を間近で見たこともない」と手で遮ったが下降前浮上家族と同期の熱い応援に勇気を得て下降に成功した。

続いてギムジェファは、フロント下降途中しばらく再同期がかかりましたが無事下降に成功し、「誰でも来ることができない火山ユギョクジャンに来て無限の栄光"と所感を明らかにして笑いを誘った。下降開始から「行く者」を描いて下がったアン・ヒョンスも同期の応援の中、心を引き締めて正しい姿勢で訓練を果たした。あざムンミ紅石は「私は緊張を知りません」と虚勢をブリン後下降して、「朝飯前だった」と所感を明らかにし、視聴者の「姉の笑顔」を刺激した。

最後の挑戦者カン・ジファンは高所恐怖症がひどい方だ家も高いところに住んでいない恐ろしい場所自体に上がらないスタイルという彼の説明とは異なり、結果は大逆転の姿を見せた。教官に「他の生徒よりも、非常に満足のいく良い乗り降りてきたようだ」と賞賛を聞いた。

カン・ジファンは「本当に死にたい心情だった」これはCGだ。これは、映画やドラマの撮影である。あれは偽物だ」と自己催眠を歩き続ける恐怖を克服した」と述べた。フロント降下訓練を無事に終えた受講生は、R2コースで行われた「リア下降訓練」も極限の高さから来る恐怖を克服し、「ぴりっと」を満喫した。

最終的に地獄の遊撃訓練が終了し、退所式が続いた。教育生らを対象に成績優秀者表彰式が行われたが、カン・ジファンとオ・ユナが優秀賞の主人公になった。二人は「私はよくしてたと考えずに、同期とともに受信した上だと思う」と感想を明らかにして温かさをプレゼントした。

遊撃訓練が終わった苦難が一緒に終わったのはなかった。次のトレーニングに「戦術行軍」が待っていたからである。20kgを超える着用をものさびしく両肩に耐えたまま長時間かけなければなら「戦術行軍」は引き続い遊撃訓練で疲れた教育生が越えなければならないもう一つの大きな山である。

「一緒に見る夢は現実になる」は、教官の言葉のように、受講生は「戦術行軍」を完走し「ようの価値」を感じました。遊撃訓練期間中に助けを与えた調教と教官の見送りと応援を受け行軍が始まったし、行軍中は受講誰もがお互いを応援し一歩ずつ踏み出した。続いて陸軍3士官学校に達しのでは出迎え軍楽隊の応援に行軍を終えたからだ。

特にマシューとギムドク生徒は足首の負傷で歩く難しいリサとシンジの隣に影のようについてつましく取りまとめる姿を見せて温かを示した。「戦術行軍」の過程でマシューは、「恐怖を噛むた」に続いて「汗が美味しい」と言って爆笑を誘った。

続いて陸軍3士官学校生活館に復帰した士官候補生たちが故郷に帰ってきたように快適な姿を見せてくれた中で夜の点呼の時間には、意外な笑い爆弾がこれら待っていた。戦闘用ブーツ整備が不十分なことを置いて「減点を与えたい」という当直司令にマシューは首が裂けるほど「もったいないた」を連呼した。マシューの差し迫った呼出しに当直司令は賦課された減点が多くて水だったが、「初めてだ」と答えに生活館は笑いでいっぱいになった。

嵐のような一日が過ぎて、次の日の朝。士官候補生たちは「化学兵器訓練場」に向かった。軍経歴も震え作る「化学兵器訓練」では、新型ガスマスク(K-5)のガス遮断効果を体験し、ガスマスクを正しく着用する方法を熟知している。士官候補生生は「化学兵器体験場」に入って自ら「ジョンファトン」をオフにして結合する訓練を正常にこなして喜んだ。
スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 27.2018   0 comments   0 trackback
Category :バラエティ

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/40865-14bbe699

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR