FC2ブログ

キム・ヒソン、1人2役やすやす消化 "台本に答えて​​いる"



キム・ヒソンの演技情熱円休止がない。

tvN土日極」ナインルーム」での成功街道を走る弁護士のかハザードからの人生の底から得てして、この魂チェンジされたブーツ社まで1人2役を演じているキム・ヒソンが安定した演技力で好評を博している。このうちキム・ヒソンこのシナリオに熱中する姿が捉えられ、彼の限界のない演技力の理由を知ることである。

公開されたスチールの中キム・ヒソンは真剣な姿で台本を耽読していて目を引く。休み時間もホツル送らず台本を読んで、また読んで様子。ヘアピンを入れトランスで台本に夢中になっているかというヘルメットをかぶった彩度台本を手に置かずにいるキム・ヒソンの姿が笑顔を醸し出す一方、彼の情熱を感じさせる。

キム・ヒソンは得てして、このブーツ社の両方を消化しなければするほど二つのキャラクターへの深い理解と、これを延期する高難度の内面演技のための努力が倍に必要な状況。台本を食い込んで、より完璧な演技のために絶え間なく努力を続けている。特に台本が目を引く。色とりどりのポストイットと下線表示に過密である。紙に詳細に区分された表示が極全体を理解し、それに伴うディテールな演技を披露ためキム・ヒソンの意志を垣間見ることができる。

一方、もう一つのスチールの中キム・ヒソンは、監視に集中している様子。キム・ヒソンは、自分の演技を入念にチェックし、さらに完成度の高いシーンを完成するために製作陣と絶え間なく悩んで相談を重ねている。キム・ヘスクも「キム・ヒソンの演技への情熱を見て驚いた。息を引き上げるために努力する姿を見て感動した」と絶賛した。

キム・ヒソンは、刻苦の努力を証明するように、毎回心臓コシ活躍を広げている。年齢はもちろん、生きてきた背景に他の各キャラクターの特性を生かしキャラクターと渾然一体された熱演を広げている。毎回保身を図らない演技闘魂、極と極を行き来する感情演技などを消化し毎作品ごとに演技スペクトラムを着実に広げている。キム・ヒソンの休止のない努力がブラウン管を通じてそのまま追加と連日続く好評の理由を自ら証明している。
スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 26.2018   0 comments   0 trackback
Category :ドラマ情報

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/40852-7c9b3cba

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR