FC2ブログ

ソガンジュン、#あざムンミ#杯マンミ#南伸弥... したいことだし



28日いよいよ初放送されるJTBC新しいグムトドラマ「第3の魅力」(バクフイグォンバクウンヨウン脚本、ピョ・ミンス演出)が総合魅力セットソ・ガンジュンを予告した。

ソ・ガンジュンは「時間に流れに沿って積重ねは感情に重点を置いて演じた」と年齢や季節に応じて異なりジュンヨンのディテールな感情演技を披露することだった。そして、これまで公開されたティーザー映像では二十、二十七、三十二、三回とも、他の姿で登場して剥けば敷くほど加わる多様な魅力を披露した。初放送を控えてソ・ガンジュンイプドク3段階を探ってみた。

◆二十、角のメガネに矯正!あざムンミ

必要以上に計画的に繊細であり、従って敏感な二次元の現実的な人間来たジュニョン。特に二十歳のジュンヨンは文字をあててカットしたようなひょうたん頭、角のメガネに矯正に代表される粘着性のスタイルの模範生である。破格的な変身にもソ・ガンジュンは「ジュンヨンならそうだった。ジュニョンだからきれいに見えた」とキャラクターに対する愛情を表わした。だからだろうか。下手愚かな姿さえ愛に見えるようにする魔法を甘やかすたようだ。何よりも、習慣的にフレームを上げる姿が頂点!今夜見逃してはならないイプドクポイントの最初のステップと呼ばれる。

◆二十七、イソム前だけ相変わらず杯マンミ

二十七、殺人刑事たジュニョン。予測不可能な職業に1回、二十歳の角のメガネと括弧はどこに行き男女を問わず誰でも認めるしかないビジュアルに表示されたダブル驚かせた。ところが英才(イソム)の前だけ書かれ、再7年前、まだ二十歳年下の男の子のように下手だけな姿で三回驚かせないと。「考課点数現するやっている。恋愛は情けなくてフレークに最下位だ」というティーザー映像の代謝のような好きな女性、才能の前に立っまだ下手愚かな姿で杯マンミを放出する予定である。

◆三十二、余裕たっぷりの男シンミ

三十二、美しくエキゾチックなポルトガルで「そう三回会った。我々は両方"といっていジュニョンと才能。第三の出会いであること、三十二歳とこと以外はまだ何も明らかになったことがない。より成熟し豊かになったジュンヨンの変化が、またいくつかの魅力で視聴者たちをひきつけキャッチ。関係者は、「ソ・ガンジュンのどんな姿もすべて「ジュンヨン」だ。一度悟ったら抜け出せないゴマ粒のような魅力に陥ることができるだろう」と明らかに西江潤「第3の魅力」を見せる魅力ジャングルに再に期待感を高めた。

「第3の魅力」は特別ではないが、私の目には、キラキラお互いの「第3の魅力」に陥った二人の男女、家族ジュンヨン(ソ・ガンジュン)とイ・ヨンジェ(イソム)が二十の春、二十七の夏、三十二の秋と冬を一緒に通過する恋愛の四季を描く12年の恋愛叙事詩で午後11時初放送される。
スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 28.2018   0 comments   0 trackback
Category :ドラマ情報

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/40503-22712bb9

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR