FC2ブログ

コンユ、9月に香港CGV「共有館」開館... 海外初K STAR憲政館

0003854387_001_20180831071315710.jpg
俳優コンユの名前を冠した海外初のK STAR憲政管共有官が9月に香港で概観する。

コンユの所属事務所マネジメント森は31日、共有の名前を冠した憲政管が香港で概観すると発表した。

「K STAR憲政管プロジェクト」は、海外で韓国映画を広く知らせ、国際的に映画の発展に重要な橋渡しをした映画に感謝の気持ちで上映館を捧げて観客に報いるために作成されたさまざまな観覧体験を目的としたプロジェクトである。 今回コンユは、香港CGV Cinemas D2 Place概観時点の9月にリリースし、合計128席だ。

「コンユK STAR憲政館」は、海外初で、香港初の映画トリビュート管に、香港の映画産業で一度も試していないプロジェクトだ。 香港の映画産業に前例のない影響を与えるものと期待されており、コンユ館」で共有に関連するコンテンツを利用して、憲政管収益の一部は、今後、香港インディペンデント映画や社会貢献的ドキュメンタリー映画は、若い監督のサポートなど香港映画業界の発展のために使用される予定である。

コンユは「香港CGV Cinemas D2 Placeの共有管概観を祝うたい感謝します。意味のあるプロジェクトに参加することになって、俳優としても光栄だ。今回の機会を通じて、香港では、多くの映画が交流できる時間になれば」とお祝いの挨拶を伝えた。

コンユは、映画「るつぼ」、「男と女」、「釜山行き」、「密偵」などを通じてメロ、ブロックバスター、時代劇など様々なジャンルとキャラクターを行き来しながら、俳優としてのスペクトルを広げていった。 特に「釜山行き」は2016年カンヌ国際映画祭ミッドナイトスクリーニング部門に招請され、当時の160カ国に先行販売され、国内での累積観客数1,156万人を突破し、香港で累積6800万香港ドル以上の収入を記録した。 そのほかにも、シンガポール、タイ、ベトナム、フィリピン、台湾、マレーシアなどでボックスオフィス1位はもちろん、韓国映画最高の興行を記録し、海外ファンたちの熱い反応を得た。 2017年放映終了したtvNドラマ「鬼」に出演して韓国ケーブルTVドラマ史上最高の視聴率を記録した共有は、様々な作品を通じ、韓国映画やドラマ産業を世界に知らせるために大きく貢献した。
スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 31.2018   0 comments   0 trackback
Category :俳優

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/40138-f6ad9da8

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR