FC2ブログ

忘れられない蚕室広場」... 防弾少年団、空も助け「ラブ・ユア・セルフ」



グループ防弾少年団が蚕室広場で「ラブ・ユア・セルフ」ツアー青信号をつけた。蚕室空も「アミ」であるように、公演3時間余りの間にあるように雨が止まったが退場時間に合わせて再び雨が落ちた。防弾少年団は、「空も手伝ってくれるようだ」と主競技場をすることができたアミ夜(応援棒)波に感動した。

防弾少年団(RM、シュガー、ジン、ジェイホップ、ジミン、ヴィ、政局)は25日、26日の両日、ソウル蚕室総合運動場オリンピック主競技場でワールドツアー「ラブ・ユア・セルフ」を発見した9万人の観客との熱い祭りを作った。昨年ゴチョクドームでソンリョした「ウィングスツアー「ファイナル以来8カ月ぶりの新しいツアーだ。「結-アンサー」アルバムに「ラブ・ユア・セルフ」シリーズを終えると同時に同名のツアーで世界中のアミに会う。

昨年から公開された「ラブ・ユア・セルフ」シリーズは、防弾少年団に見事な成果をもたらすた。「勝-ホ」でビルボード200 15位まで上がり、現在もチャートの中でロングランしている。1位にランクインした「全-層」も13週連続チャートイン記録を書いている。「結-アンサー」は、国内一週間線注文のみ150枚を渡したタイトル曲「アイドル」は、国内外のチャート1位に上がった。米国のiTunesトプソンチャート1位はもちろん、発売直後のトップ10位をまたがって収録曲全曲がトップ50にランクした。映像だけで公開された「期-ワンダー」のテーマ曲「ユーフォリア」も政局の声に乗って、世界中のアミを魅了している。
オリジナル表示
ツアーの出発点である蚕室でファンたちに会ったジェイホップは「主競技場を埋め尽くした私たちアミ皆さん、声は本当に大当たりだ」と力強い歓声に感心した。ヴィは「考えてみれば、スーパーヒーローは、私たちのアミド皆さんだ」とし、シュガーは「アミ皆さんが私たちの英雄であり、私たちを英雄にした」とそばを守ってくれたあみに感謝した。

この日防弾少年団は、アミに囲まれた舞台の上で存分にトィノルた。過去24日に発売した「ラブユオルセルフ結果-アンサー」のタイトル曲「アイドル」で始まった公演は団体とのユニット、ソロなど、さまざまな構成につながった。起承転結ボーカルテーマ曲「ユーフォリア」(政局)」セレンディピティ」(ジミン)」シンギュラリーティー」(ヴィ)」エピパニ」(ジーン)につながる舞台と今回の新曲ラッパーラインの「トリビア期:ジャストダンス」(ジェイホップ)「トリビア勝:ラブ」(RM)」トリビア前:シーソー」(シュガー)までソロ魅力を確認する時間だった。歌、ダンス、ラップなど、デビュー6年目の成長と能力を注ぎ込んだ努力があちこちに埋めた。
オリジナル表示
舞台を終えた後、ジミンは「皆さん見ても良かった。最初の公演の日」アイドル」を踊って死ぬところだったが気分がとても良くて大変なことも知らずに笑った。雰囲気にも濡れて公演するのに集中をよくなかったが、最後の公演は、より楽しく公演して遊びたいと思っ今年を通って来て送信思い出の中で最も記憶に残る日になりそうだ。皆さんもこの日が大切な思い出になったら良いだろう。本当にありがとうございました」とハートを送った。

ジンは、「私たちと亜美皆さんが会う時間は、空がいつも助けてくれるようだ。天気を見た降水確率が80〜90%であった。しかし、私たちが公演中に雨が降っないてきた。大ヒットである」と驚いた。また、「好きな人のNいろいろなことを見せたくないか。歌もして、ダンスも踊って、ピアノも打って、他のも打ってますますアミのために、より熱心に努力するようになる。私にこう様々な経験をすることにした私たちのアーミー皆さんに手にキスを送る」とワールドワイドビジュアルを誇った。

ヴィはファンとのパスワード「見よて」を言った。「紫は虹の最後の色である。最後まで、私たちお互い頼りにして信じて一緒に成功しようという意味だ」とコンサート1カ月前亜美とメンバーたちと一緒に旅行に行く夢をクォトドン話を聞かせてくれた。

シュガーは「アイムファイン」の歌詞を引用して、ファンの愛を伝えた。「今回のアルバムを準備しながら、ぜひ言いたいことを歌詞に入れた。これから楽しむことだけので長い長い楽しみながら前に進もう」と言って"i'm so fine、you so fine /私たちの未来は喜びだけ/フルするから心配は折りたまま/もうお気に入りお疲れ様we so fine」という歌詞を詠唱れた。

政局は公演の物足りなさを打ち明けた。「今日はツアー開始と同時にソウル最後の公演となるよう準備をたくさんした。緊張多くてコンサート上がる前に紅参、ブドウ糖、プロポリス、ビタミン、うるさいだ満員食べた。体調見せするために、前日のゲームにもならないし、睡眠も熱心寝て努力たくさんした"としながら"しかし、努力に比べて、個人的にも惜しくも申し訳ない。私はもっと早く成長をしよう。今より二倍三倍頑張っていつあるかわからないが、次のコンサートでお見せ確か変わった姿を約束する」高自らを引き締めた。政局の自責のシュガーは「100点満点で102点だった」と力を与えてくれた。アミにも歓声で政局を応援した。

ジェイホップは「毎回実感する。「いつ防弾少年団がここまで来た、本物の高いところまできた」常に舞台の上で感じている。政局がもそうすべてのメンバーは、アミド皆さんも公演に物足りなさがある。私はまた、そうそれでも私たちはこの瞬間が楽しく幸せではないか。主競技場を埋め尽くしたアミ皆さんにパフォーマンスを見せてくれて歌を聞かせてドリルにできることは私自身を誇りに思う。満たさ感じになって「ラブマイセルフ」である」とし「みアミ皆さんも「ラブ・ユア・セルフ」こと。感謝して愛している」と愉快なエネルギーを伝達した。

RMは「この夏とても暑く守っだった。私たちが作業したもの皆さんに早くお掛けたかった。この夏主競技場で良い思い出作ったものだ」と、メンバーたちとともに抱擁した。「メンバーたちありがとう。今年の夏の中で最も良かった日だ。舞台の主人公は、私たちではなく、アミ皆さんだ」と一緒に時間の切ない心を伝えた。

ソウル公演をソンリョた防弾少年団は、本格的に「アイドル」カムバック活動に突入する。以来、北米、ヨーロッパ、日本など各国の70万人のアミと「ラブ・ユア・セルフ」ツアーを行う。
スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 27.2018   0 comments   0 trackback
Category :KーPOP

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/40079-ebd11219

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR