FC2ブログ

アンドレア神父→川チャンギ... 「彼女言葉」チョ・ヒョンジェの変化



切ないアンドレア花嫁の二つの顔のアンカー川チャンギ。俳優チョ・ヒョンジェが「彼女言葉」で新しい「人生のキャラクター」を追加を予告している。

SBS土曜ミニシリーズ「彼女に言うようであれば「(脚本バクオンフイ、演出バクギョンリョル、以下「彼女言葉」)は、整形手術と一緒に記憶を失ったたた(ナム・サンミ)が自分自身を見つける過程を盛る。俳優たちの好演とミステリーな展開などに支えられ、毎回自己最高視聴率を更新している。特に去る4日放送された16回は8.4%(ニールセンコリア全国基準)の視聴率で自己最高を記録した。

チョ・ヒョンジェは劇中ナム・サンミの夫であり人気のアンカー川チャンギ役を引き受けた。川チャンギウン財閥家の一人息子で容貌能力財力を等しく整えた、裏面に不気味な姿を隠している人物である。たな、自分の妻であることを知って家に戻って迎えたが、本音を知ることができない行動に緊張感を極大化させた。ので「ときめく悪役」と反応があふれている。

チョ・ヒョンジェの出世作はMBCドラマ「ラブレター」(2003年)。当時アンドレア花嫁の純粋さが女心をひきつけた。以後正しくて優しいキャラクターでずっと愛を受けた。2015年SBS「ヨンパルイ」は変曲点になった。当時不謹慎な悪人のキャラクターで演技変身に成功したという評価を受けた。一方、昨年MBC「病院船」でしらじらしい財閥3世役で変奏を試みた。カンチャン機種つかむことができない人物という点で、別の変化だ。

過去の制作発表会で、チョ・ヒョンジェは結婚が刺激になったと語った。「より熱心にするべき心に決めた」とは、彼は"30代前半までの大人の君子のような役を主にした。今後、さらに劇的な、反転がある人物を演じたい」と風を表わした。その意味で、川のチャンギキャラクターは「印象に残る強いキャラクター"として彼の目標とも接していた。

全40部作(中間広告を除く20部作)である「彼女言葉」は、折り返しを控えている。徐々に実体を露出川チャンギキャラクターを通じてチョ・ヒョンジェが示す新たな顔が期待される理由だ。
スポンサーサイト
Posted by まりあんぬあしゅー on 10.2018   0 comments   0 trackback
Category :俳優

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/39904-6fb036e2

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR