FC2ブログ

「親愛なる判事様」ユン・シユンXイユヨウン距離を確認近づいた

0000666785_001_20180810075537707.jpg
ユン・シユン、イユヨウンの距離が急に近づいた。
「私ならちゃってありがとう。 すべての日しまいましたないてしまった人は、初めてです」。 素敵飾る言葉もないのにブームして届いた。 本気が塀引き分けたからだろう。 そして、この一言は、二人の男女の距離を確認し近くした。 SBS水木ドラマ「親愛なる判事様」(脚本チョン・ソンイル演出ブソングチォル)中ハンガンホ(ユン・シユン)とソングソウン(イユヨウン分)の話だ。

9日放送された「親愛なる判事様」11〜12回では、偽の判事ハンガンホと裁判官時報ソングソウンの距離が急に近づいた。 裁判官のふりしている前科5犯ハンガンホ。 何も知らないままハンガンホそば判事ことを学んでいるソングソウン。 一見一方的に見ることができる関係であるが、その中に二人はお互いに「成長」の触媒として機能してきた。 その触媒が11〜12回でときめくケミと交わって爆発したものである。

自分が下した飲酒運転ひき逃げ事件判決に罪悪感を感じたハンガンホ酒酔っソングソウンを見つけた。 彼の苦痛を知っているソングソウンは、ハンガンホをそのまま捨てておくことができなかった。 結局、自分の家にハンガンホを取り、自分は外の時間を過ごした後出勤した。 そして、出勤途中で、被害者の家族に自分が下した判決について謝罪し頭を下げるハンガンホを見てジーンとすることを感じた。

ソングソウン家から覚めたハンガンホはびっくりした。 もしかしたら、自分が間違えたことがないかと心配されたもの。 ハンガンホはソングソウンが話出なかったことを確認した後に心を置いた。 やっとハンガンホはソングソウンに「私ならちゃってありがとう。 すべての日しまいました、アンしまった人は、ソウンさんが初めてです」と淡々ひた。

ハンガンホは何気なく言ったが、多くの感情が込められた一言だった。 ハンガンホはお母さん、型と同じ戸籍に上がっていなかった。 過去、彼の母親が双子の兄弟の中で弟のハンガンホを親戚の家養子に送った。 戸籍だけでもハンガンホ立場では、大切な家族に捨てられたかのように感じられた。 ハンガンホを捨てていない唯一の人がソングソウンだったこと。 ハンガンホにソングソウンが近くに感謝感じられることが当然である。

そんな中、二人は視覚障害者の娘を置いた母親が提訴された事件を引き受けることになった。 視覚障害者がジェットコースターに乗ってするために、別の手順が必要だった。 空中でジェットコースターが停止した場合、避難が容易なように、他の乗客の前で安全教育を受けなければならいた。 お母さんは、このプロセスが視覚障害者の娘への差別だと思ったし、抗議していたの遊園地の従業員が怪我をしたのだ。

二人はこれが差別か否かを直接確認してみることにした。 ソングソウンが目を隠したまま、直接ハンガンホ手を握って大被害を読むにしたもの。 過去ソングソウンは姉自殺を食い止めるが、高いところにトラウマができた。 しかし、彼女は勇気出し、ハンガンホは彼女の手をしっかりと握ったままの空気中で歩いてきた。

ハンガンホ、ソングソウンの距離が急に近づいた。 ハンガンホはソングソウンを通じてたとえ偽が判事に少しずつ成長している。 ソングソウンやはりハンガンホを介してトラウマを克服し、成長することができるものと期待される。 お互いに重要な存在になってきているのだ。 ここでユン・シユン、イユヨウン二人の俳優の、時には可愛く、時にはジーンケミまで加わった。 TVの前の視聴者がソルレルことができるようになった。

軽快な笑いと重たいメッセージを同時に抱かせる総合ギフトセットのドラマ「親愛なる判事様」。 ここでユン・シユン、イユヨウンの「ケミ」を通じたときめきまで追加された。
スポンサーサイト
Posted by まりあんぬあしゅー on 10.2018   0 comments   0 trackback
Category :ドラマ情報

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/39902-c18a8f12

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR