FC2ブログ

パダムパダム8話

今回は、ガンチルが申し出た「つきあいませんか?」に対してジナがどう答えるのかっていうことに興味が集中した1時間でした。
ガンチルに湖の中で抱きあげられたまま、とりあえず「一週間考えさせて」とお預けされたガンチルは不満そう
「俺はキスしたかったらすぐにしたいのに、そういうのもいちいち考えなきゃわかんない?なんだよ、それ」って、今にも唇が触れそうになる距離に顔を近づけて呟くガンチル。
こういう大人なドキドキシーンが随所に盛り込んであって、目が離せないドラマです。彼と彼女の心拍音っていう副題がついているからかなー。

突然現れた高校生の息子には、段々頼もしくなるガンチルの父親としての顔。前科者の息子として学校で執拗に苛める実力者の息子に悩まされているジョンに、「先生の前で机壊してやれ」と乱暴なアドバイス。
ちょっと生意気に育っているジョンはいつものように「それ、父親の言うこと?」と説教するんだけど、授業中幼稚に紙くずを投げつけてくる相手に我慢できずにアドバイス通りに、壊しちゃったわ。

怪我もジョンの方が酷いし最初に手を出したのは相手なのに、理事の息子だからえこひいきしてジョンを責める教師にもひたすら低姿勢なガンチル。

そんな父の姿に不満なジョンだけど、ハルモニに「俺に似ていい子に育った、自慢の息子って言ってた」とガンチルの本音を知らされて満足げな微笑を浮かべる。影では本当の父親が誰か探ってるジョンだけど、ガンチルに段々情がわいてきてるみたいね。

ガンチルの恋にも興味がある様子のジョン。「ヒョスクさんは父さんのこと好きだよ。チョン先生がいいけどな~」と好みも父と同じ。
だってガンチルったらヒョスクに奇襲キス受けてもパダムパダムはな~んも感じないらしいから。

ジナとガンチルが親しくなってきて焦るのは先輩。
ドクターにガンチルの病状が好転したことを聞き嬉しそうなジナに気持を尋ねる。「ただの同情なのか。」「同情じゃなく関心。気になって何かしてあげたいの。」

こうなるとガンチルと男と男の勝負。「ジナさんに告白しました」と素直に認めるガンチルに、最初は「何も持たない君が好きになるなんて身の程知らずだ。」と暗に、病気で学歴もちゃんとした職もお金もなくその上前科者だということを見下した発言で責める先輩。
そのうち殴り合いに。ガンチルは腕っぷしに自信があるから、子供のような先輩の攻撃を軽くかわしつつ手を出さない。それでも負けちゃう弱い先輩

学がなくてもたくましい怖いもの知らずのガンチルと獣医で豪邸に住んでるのに喧嘩に負けて惨めで情けない先輩の対比が見事。男の価値は条件じゃないってことがよく分かる構図だったわ。

森に住む動物が人間の都合で傷つくのが心配なジナは助けを必要とする動物がいないか、今日も森にやってきている。
通りかかったガンチルはジナのために、動物が安全に渡れる橋を掛けてあげる。うさぎがやってきてその橋を渡るのを見たジナは「私を感動させるのね」と大喜び。

「まだ答えくれないの?」とねだるガンチルに「まだあと半日あるわ」とじらすジナ。
「俺なんかが好きになるのは身の程知らずなのか?条件で決めるなんて俗っぽい愛だ」と真理をつくガンチル。
突然の夕立にガンチルの作業小屋に走り込む2人。小屋とはいえ、ガンチルの家よりよほど大きくて素敵に回想してある。

服を乾かしながら暖をとり、ラーメンをつつきあう楽しそうな2人。
ガンチルが「可愛いからキスしたいけど、また考えなきゃだめ?」と顔を近づけると、ジナは自分からガンチルにキス

これがガンチルへの答えね。

並行して進むガンチルの冤罪事件の解明。ガンチルを身代わりにした検事が直接接触。お金でなんとかしようとするがガンチルはもちろん受け付けない。「復讐しようっていうんじゃない。刑務所でもいけないことだって教わったからな。だけど、過去のことじゃない。家族は今前科者を持ってることで苦しんでる。されたことは返してやる」ときっぱり言うガンチル。
だけど人を使って亡きものにしようとしたり、この検事は演じる役者さんもぞっとする表情が上手なので、不気味。

ところどころにとてもいい言葉がちりばめられている。
「母さんは奇跡を信じる?いいことをしたから俺の背中に羽根が生えてきて天にいけるんだ。」というグクスにオモニは「天国にいくためにいいことするなんて神様は認めないよ。本末転倒だ。生きていること自体が奇跡なんだ。あたりまえに毎日生きていられることがね。」とぴしゃり。

ジナの父もガンチルのことを知るとまたいためつけるかしら。。。不安材料もありながら、進む2人の恋。








スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 30.2012   0 comments   0 trackback
Category :ドラマ感想・パダムパダム

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/399-61e9a41e

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR