FC2ブログ

「時間」ソヒョン、家族を失った悲痛突き抜け立ち上がった! 「私は一人ではない」

「時間」ソヒョンが自殺しようとしていた自分自身を停止し、人生を選んで憤然と立ち上がる姿でお茶の間に喜びを呼び起こした。
0000055526_001_20180809080027329.jpg
0000055526_002_20180809080027356.jpg
ソヒョンはMBC新しい水木ドラマ「時間」(脚本チェホチョル/演出チャン・ジュンホ/制作シルクウッド、ウィルエンターテイメント)で明るく肯定的な性格のシェフ志望だったが、弟と母の死と関連悲しい運命を持つようになる説ジヒョン役を担った。 去る8日放送された「時間」9、10回分でソヒョンは母まで、交通事故でこの世を去った後、世界崩れる悲痛に生活を放棄しようとしましたが、ついに乗り越えことを決めている決然とした姿で視線を集中させた。

劇中ジヒョンは守護(キム・ジョンヒョン)と弟の死が入ったCCTVファイルを探しに苦労していた状態。 しかし、金箔(キム・ジョンテ)と車に乗っていた母親のヤンフイスク(キム・ヒジョン)がシンミンソク(ギムジュンハン)と川実装が公募した交通事故で死を迎え、ジヒョンは再び理由を知らない家族の死と向き合ったまますさまじい絶望に陥った。 そば助けようとする守護とオヨウンフイ(アンジヒョン)さえ遠くにあり、家にこもって食べるのも拒否するなど、人生の意志を完全に見捨てた。
0000055526_003_20180809080027377.jpg
0000055526_004_20180809080027398.jpg
最終的には浴槽で自殺しようとしたが、守護が窓まで壊してき不発に終わったはず。 尋常ないことを感じた守護の要請でヨンヒが出て気持ちを解放するため労力万以上の意味を感じられなかったジヒョンは「整理する時間が必要」と一人でにこだわったあと、酒に酔ったままの弟ソルジウン(ユンジウォン)が死んでたホテルのプールに入った。

続いて守護との通話で、 "死んだ人がうらやましいは考えてみたことがあります? 死んだ人は何も感じないのじゃないか、悲しみも苦しみも恐怖も」と死を暗示する言葉を吐き出したときに、 "私はちょうどじっとたら、ママない死んでしょう?」という罪悪感までナビ打った。 結局ジヒョンは悲惨に死んだ兄と母の痛みは、単独で残っているという恐怖に耐えられないままホテルの頂上に登ってギリギリ腰掛けた。

その時ちょうどジヒョンを見つけた守護が近づいてきて、ジヒョンは「来ていない!」と警戒した。 すると守護が、自分が死んでたかったときに言うとように死んでてあげる手すりに立ったこと。 ジヒョンは守護は、手すりに立つ我に帰ってきた守護が落ちるうことを必死に走って押し出す防いだ。 続いて元気が抜け床に横になって、「本当の死ぬと思ったんじゃないの... 」とすすり泣いた。
0000055526_005_20180809080027415.jpg
0000055526_006_20180809080027429.jpg
0000055526_007_20180809080027443.jpg
0000055526_008_20180809080027455.jpg
やがて、次の日ジヒョンはブルヒョンよう起き日常を開始した。 「はい、一応は生きよう」とも捉えパンを作った。 そしてヨンヒに会っよう生きよう提案し、自分を助けてくれた守護を訪ねて直接作ったパンと軟膏を伝え、「今後の仕事は私一人で耐えているのが正しいです。」というカクドゥトハン別れの挨拶を伝えた。 そしてあざやかな目つきで友達と一緒に新しい巣に向かった。

加えて、「徹底的に放置なった感じたとき、それでも世界は生きてみる価値だと勇気を与えたと考え、それはすぐに、私は一人ではない」というジヒョンの独白が流れ出て見る人々をキュンとした。 一方、この日の放送では、無限の絶望、自殺直前で停止吹き出すた立ちこめ泣き、人生を再起動する決然目までソヒョンの熱演が視聴者たちの没入を誘発した。

放送直後、視聴者は、「チと一緒に泣きました "、"ソヒョン今日は本当に提携したソヒョン "、"豊富な感情線に自然に没頭される "、"今回ソヒョン、本当にしっかりと演技ですね。 人生キャッシュ更新が無色ないですね」などの反応を吐き出した。

一方、この日の最後のエンディングでは、チョン・ジヒョンが荷物をまとめていたの引っ越しをしたところまでついてきた守護を見て驚く場面が追加ながら、次の話の気がかりなことを増幅させた。 「時間」11、12回は9日(日)夜10時に放送される。
スポンサーサイト
Posted by まりあんぬあしゅー on 09.2018   0 comments   0 trackback
Category :ドラマ情報

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/39892-32e83862

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR