FC2ブログ

「ライフ」病院長の重要性を実現しイ・ドンウク、形勢裏返しだろうか

0000666294_002_20180808074408601.jpg
JTBC月火ドラマ「ライフ」(脚本イ・スヨン演出ホンジョンチャンイムヒョンウク)がキョキョイ緊張と対立を積ん上げ圧倒的な吸引力をプレゼントした。 視聴率も上昇し期待を高めた。

7日に放送された「ライフ」6回の視聴率が全国基準4.5%、首都圏基準5.5%(ニールセンコリア、有料世帯基準)を記録して好評と上昇した。

この日赤字3と酪酸医療院派遣は撤回されたが、資本の蚕食されていく上国大学病院の危機が描かれた。 資本の論理に危機に陥った医療界の現実を指摘した主経文(ユジェミョン分)の熱い一針に関する旧スンヒョ(チョ・スンウ分)の答えは、酪酸医療院派遣撤回であった。 一言の説明もなく、派遣が撤回され、医療スタッフのゼネストは声一度きちんと出せずに失敗した。 病院きしみデンダン音ない出るするというファジョンジョナムヒョン(ジョンムンソン分)会長との約束を守り、医療スタッフに病院の所有者が誰であるかは確かなのかさせたので、旧スンヒョとしてミトジルことのない商売であった。

医療スタッフはよどみなくナイフを取り出しかかる区スンヒョに直面病院長の選挙に突入した。 院長と副院長の座を置いて目に見えない算法が食い違う中、旧スンヒョは「手足が合う」病院長にギムテサン(ムン・ソングン分)を指名した。 旧スンヒョと秘密の出会いで「最良の選択になるだろう」と、体を下げギムテサンはオセファ(ムン・ソリ分)、イ・サンヨプ(オムヒョソプ分)、ソジヨン(ジョンフイテ分)との席では、「旧社長私押し出します」という二つの顔の公約に水面下の作業に突入した。

派遣を撤回した旧スンヒョは、次の計画を目詰まりせずに進めていった。 投薬事故防止を名目にファジョングループの利益を極大化する方案を用意したこと。 薬品卸売子会社を設立して上国大学病院に独占的に供給している構造を作り、花井化学から投薬事故を防止することができるバーコードリーダー設備投資を受け名分まで作った。 明示的な営業を指示する要求に医療スタッフが反発しようとしたときは、すでに旧スンヒョの大きな画像で病院蚕食が開始された後だった。

病気と薬を同時に与え、病院に波乱を運転してくる区スンヒョの立体的な顔は、異なる信念の衝突を呼び起こした。 「人の命を数字のみ見る人間」という例ジヌ(イ・ドンウク分)の評価と「話す長石を投げるくれる人」というイノウル(ウォンジナ分)の視線の両方区スンヒョであった。 「旧社長は骨に商人だ。 ナイーブに受け入れてくれれば、瞬く間に食べられ」というジュギョンお問い合わせの警告にもイノウルは「最初から石を投げないでください。 その後、何もしない変わりました。 私たちは永遠に故人水残るだろう」と指摘した。 線でも悪でも分けることができない旧スンヒョの顔はさらに深い葛藤をかもし出して地上局大学病院で行われる尖鋭な信念の対立を予告した。

上国大学病院の新しい権力になる病院長選挙は、別の緊張感を吹き込んだ。 病院長の選挙という板を自分に有利な構図導いていこうという旧スンヒョと二つの顔を露出さギムテサン、副は院長に上がらなければ副桁が空くはオセファまで秘密本音が緻密に分かれた。 社長解任の発議権が病院長にあることを知った予診泣く "誰ができますか。 誰院長に沿って、この道をまっすぐに行きましょうか」と病院の将来を心配した。 一歩遠く状況を見守っながらも、適切なパッケージを取り出し状況を反転させたイェジン呉決定を下すかも注目された。
スポンサーサイト
Posted by まりあんぬあしゅー on 08.2018   0 comments   0 trackback
Category :ドラマ情報

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/39876-747b9137

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR