FC2ブログ

チョ・スンウVS医療スタッフ、主導権争いブルブトオトダ...「ライフ」が投げたどっしりとした話題

0000221525_001_20180807081122769.jpg
「ライフ」が病院を越えて社会全体に向けた話題を投げ重たい響きをプレゼントした。

去る6日放送されたJTBC月火特別企画ドラマ「ライフ(Life)」(演出ホンジョンチャンイムヒョンウク、脚本イ・スヨン、制作シグノルエンターテイメントグループ、AMスタジオ)5回で投与事故カミングアウト後の激しい変化の風の吹く地上局大学病院で主導権を逃したくない医療スタッフと旧スンヒョ(チョ・スンウ分)の熾烈な対決が繰り広げられた。

ゼネストを予想もしたよう区スンヒョの対応は隙間なく速かった。 投薬事故を自主的に言う記事で医療スタッフの大義名分を崩して話題に回した。 被害者の家族が直接インタビューに乗り出すなど、論議が大きくなると医療スタッフもインタビューに出た。 これ背負った予診泣くボーナス製の問題を反論したが、投薬事故の前では言葉詰まった。 最ソヒョン(チェユファ分)記者の「無条件側だけを非難することはできないことはないでしょうか?」という質問に下手答えを出せなかった。 漏れ出るまで絶対出さない投薬事故は、病院の閉鎖性を示してアキレス腱だった。

旧スンヒョががんセンター投薬事故を明らかに後上国大学病院モータルーカンファレンスの風景もかかった。 各科別に進行されたモータルーカンファレンスが旧スンヒョの指示に外科単位で拡大した。 異例のモータルーカンファレンスに緊張感が漂う中、旧スンヒョが姿を表わして鋭敏な空気が漂った。 医療スタッフでなければならわかるそう専門的な質問を投げる区スンヒョ前手術中の患者を失った執刀医は、罪人になったよう取り調べを受けた。

その主経文が出た。 「麻酔中アナフィラキシーの発生率がどのくらいでしょうか?」と話し始め演奏経文は財政赤字で閉鎖された金海医療院の問題をひねるた」問題を見たのは直して何とか改善させ、再書き込み可能なそれなりの機会だった」と抗弁した。 続いて、病院が投資していない胸部外科医が減る現実を指摘し、「それでも、私たちは今日も手術室に入ります。10000分の1の事故リスクに患者を殺した医師と非難を聞いても」と述べた。 ジュギョンお重たい一針はひっそり区スンヒョを向かった。 彼に同調するように桁で立ち上がっオセファ(ムン・ソリ分)、黙々と視線をよりし力を加えた例ジヌそして無言立ち上がっ区スンヒョは交錯した視線だけ変わる空気の流れに圧倒的なエンディングをプレゼントした。

善と悪ではなく、信念の対立に緊張感を醸し出している「ライフ」の中心には、旧スンヒョがある。 徹底した資本の論理に基づいてきっちり計画を推進していき立体的な葛藤を構築した。 旧スンヒョは投薬事故を外の世界に引き出すなどの医師ができないことことをしてくれることもある人だが、同時に最大利益を追求するためによどみなく刀を抜いたちもできる人。 旧スンヒョと抗原に対応する異なる抗体の反応が異なる対立して出して緻密な緊張感をかもし出した。 イノウル(ウォンジナ分)の助けを借りて、小児青少年とを振り返って数外の病院の肌を覗いた旧スンヒョの変化がどのようなバタフライ効果をもたらすかも気がかりなことを刺激した。

病院の内部を向かった鋭いメスは、社会全体を向かうこともした。 金海医療院の閉鎖の問題点と閉鎖に同調していたコメントを想起させるジュギョン問い合わせ指摘は共感を誘った。 社会的弱者の最後の砦である公共医療が崩れ、赤字という理由で胸部外科が無視される現実を置いて、私たちの社会が何をしているかどうか尋ねていた。 主経文が伝える熱く強烈なメッセージがどんな対立よりも強い吸引力をプレゼントした。 どっしりとした響きを伝え質問に旧スンヒョがすべての答えをすることが気がかりなことが増幅した。

一方、5回の視聴率は5.2%(ニールセンコリア、有料家具首都圏基準)を記録した。 「ライフ」の6回は今日(7日)夜11時JTBCで放送される。
スポンサーサイト
Posted by まりあんぬあしゅー on 07.2018   0 comments   0 trackback
Category :ドラマ情報

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/39866-eece417f

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR