FC2ブログ

「ラオンな」放映終了、チョン・ギョンホ煙魂・強力3班のチームワーク輝いていた




「ライフオンマーズ」が原作を超える硬い完成度にピリオドを打った。不振だったOCN週末ドラマを再び起こし大活躍を繰り広げた。

5日放映終了されたOCN週末ドラマ「ライフきたマス」は、1988年に靭性時ソブソ3半家族の死に接し、衝撃に包まれたチョン・ギョンホ(ハンテ株)が終了それらを忘れずに、1988年に戻るために屋上から落ちる姿が描かれた。現実ではなく、無意識の世界1988年を選んだ。そこでチョン・ギョンホは、強力3班家族と一緒に本当に笑うことができた幸せを感じた。

最後作までウェルメイドドラマだった。1980年代の韓国社会をリアルに表現したセットと小道具、チョンチョンハン反転ストーリー、ここにチョン・ギョンホの演技力が爆発的な力を発揮した作品の完成度を高めた。

チョン・ギョンホは、人生のキャラクターを誕生させた。「ライフオンマス」を通じて演技だけでなく、興行まで成功して興行喉の渇きを解消した。没入度の高い演技力で自分の演技魂を燃やした。信じ見る俳優で確実な部屋を見せた。

2018年突然の殺人の攻撃に潜在意識の世界に陥ったチョン・ギョンホ。1988年に刑事になって現実の連続殺人と関連した鍵を解くのに苦労した。現実なのか、夢なのか知らない世界で苦しみを吐露するのが常。耳でぐるぐる回る誰かの声、息ガプゴ精神が混迷なる状況の連続だった。チョン・ギョンホは、混沌に陥ったハンテ週キャラクターを切々と表現した。焦点を失った目でふらつく彼を見るときは緊張感が高まった。それだけリアルた。

もつれツイスト糸のように事件が相次いでからなったが、強力3班粘着性がある仲間に一つずつ解いた。パク・ソンウン(ガンドンチョル)とどうのこうのブロマンスに郷愁を刺激し、女性という理由で捜査から除外されたコ・アソン(ユン・ナヨン)に最初に手を出して配慮しラブラインを少しずつ加味した。オデファン(利用期)は、表面うんち距離が誰よりもチョン・ギョンホが好きで続いた。ノジョンヒョン(ジョナムシク)は明るく笑って強力3班を本当に愛して大切に末っ子刑事だった。困難な瞬間より輝い強力3班であった。

一度見れば水没しかない魔力のドラマでブラウン管をすることができた。シーズン2を期待させる有終の美をおさめた。
スポンサーサイト
Posted by まりあんぬあしゅー on 06.2018   0 comments   0 trackback
Category :ドラマ情報

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/39850-3e014287

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR