FC2ブログ

「ラブリー号ラブリー」パク・シフ♥ソン・ジヒョ→イ・ギグァン5色キャラクターポスター

0000665780_001_20180806081444944.jpg
KBS 2TV新しい月火ドラマ「ラブリー号ラブリー」(脚本バクミンジュ、演出カン・ミンギョン)がパク・シフ、ソン・ジヒョ、イ・ギグァン、ハム・ウンジョン、チェ・ヨジンのキャラクターポスターを公開し期待感に火をジピンダ。

13日初放送される「ラブリー号ラブリー」の制作陣は、6日ロッコ力マンレブ俳優たちの「ホラーブル」な反転の魅力が引き立つキャラクターポスターを公開した。

「ラブリー号ラブリー」は一つの運命を分け持つ二人の男女が、トップスターとドラマ作家で出会って起こる奇妙なことを描いたホラーロマンチック(ホラー+ロマンチック)コメディだ。 同じ日一刻に生まれたフィリップ(パク・シフ)とウルスン(ソン・ジヒョの方)は、ゼロサム(Zero-Sum)法則のように相手が幸せなら私不幸になる「運命共有体」だ。 偶然と運命、ホラーとメロの間に挟まれた男女のきわどい綱引きがくらってときめく運命シェアロマンスを予告する。

「ラブリー号ラブリー」はベールを脱ぐ脱ぐほど気がかりなことをより増幅させる。 今回公開されたキャラクターポスターも平凡1もない平凡でないキャラクターに興味を誘発する。 まず、自己発光のトップスター美を発散するパク・シフの姿は「何もされている男」ユフィリップそのもの。 フィリップは頭からつま先まで完璧しかし意外なホ当たり美が美しい人物で、海外進出だけ控えた人生の黄金期で予想外の不運に巻き込まれる。 パク・シフ特有のとぼけ演技で披露フィリップのキャラクターがより一層期待を集めている。

ソン・ジヒョは「ダークラブリー」の魅力を発散して不運のアイコン「オウルスン」で完璧に変身した。 もじゃもじゃ頭にタイプライターを抱えている姿の上「何もない女」というコピーがパク・シフとコントラストを成して好奇心を刺激する。 ウルスンはダークて露骨ながら内面は誰よりも暖かい人物で、ソン・ジヒョの破格的な変身を介して披露ウルスンの魅力に期待感が増幅される。 不気味な雰囲気の中ウルスンの奇妙な表情は、今後行われるミステリー事件に関心を呼び起こす。

「ウルスン望む「純情年下の男であり、放送界に浮かぶ新人ドラマPDイソンジュンに変身して女心狙撃に乗り出すイ・ギグァンも視線を惹かれます。 「私の目に鬼が見える」というコピーと意味深長な目つきが幽霊を見て城中のくらっと反転魅力を浮き彫りにする。 イ・ギグァンが描き出すソン・ジヒョとの特別なカップルケミはもちろん、幽霊を見る彼の能力が極からの相乗効果を発揮するかも注目される。

ここでフィリップの公式恋人であり、万人に愛される代表女優シンユナに扮ハム・ウンジョンのビジュアルも目を引く。 魅力的な雰囲気を漂わがなぜか分からない涼しい表情が興味深い。 新ユナは、美しい笑顔の後ろにフィリップに向けた強い所有欲と嫉妬心を秘めた反転ている人物である。 「大丈夫、何もなかったよ」というコピーは劇中でユナがいくつかの秘密を隠しているかどうか、好奇心を呼び起こしキャラクターの気がかりなことをさらに極大化する。

最後に謎な雰囲気を醸し出すチェ・ヨジンの姿も好奇心を刺激する。 チェ・ヨジンは劇中、視聴率製造機と呼ばれるドラマ作家期ウニョン役を引き受けた。 話題作を吐き出して億台の作家で常勝疾走である親しいウルスンを裏切って、不測の事件に巻き込まれる人物。 「百億ウォンの指の真実」とは、コピーが簡単に読み取ることができないチェ・ヨジンの表情とかみ合っ彼尋常ではない秘密を隠していることを暗示する。 作家として成功した人生を根こそぎ揺さぶるミステリー事件に巻き込まれる彼の運命がどのように展開されるか興味を呼び起こす。

制作陣は「誰か平凡でない個性満点の5キャラクターが完璧なシンクロ率を介してコシ劇の楽しさを導いていく」とし「新鮮な設定の上に息づく立体キャラクターが披露相乗効果を期待してくれ "と伝えた。

一方、「ラブリー号ラブリー」は昨年KBS TVドラマミニシリーズキャリア作家対象脚本公募当選作に多くのドラマファンたちの期待を受けている作品。 ぴりっとときめく新概念ロマンチックコメディを披露「ラブリー号ラブリー」は13日夜10時初放送される。
スポンサーサイト
Posted by まりあんぬあしゅー on 06.2018   0 comments   0 trackback
Category :ドラマ情報

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/39849-1a4cafe0

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR