FC2ブログ

`三十だが十七`月火ドラマ1位固めた... 自己最高更新

0004193605_001_20180731081005535.jpg
韓半島に台風より「三十突風」が先に上陸した。 SBS月火ドラマ「三十だ十七です」が放送2週間に二桁の視聴率を突破し、視聴者の月曜病を寝かすヒーリングワクチンに完全に位置づけた。

視聴率調査会社ニールセンコリアによると、「三十だ十七です」(6回基準)の首都圏視聴率は10.1%、全国視聴率は8.8%を記録し、放送2週ぶりに視聴率二桁を突破した。

「三十だ十七です」は5回全国世帯視聴率7.6%、首都圏視聴率8.9%、視聴者数105万3000人、6回は全国8.8%、首都圏10.1%、視聴者数121万7000人を記録し、夜10時59分頃、首都圏視聴率は10.88%、視聴者数は130万2336人に達した。 これは前の回の放送を最大1.1%引き上げた数値で、月火ドラマの圧倒的1位をしっかりと固める形だ。

2049視聴率は世帯視聴率よりも大きく上昇し、5回4.6%、6回5.1%で、過去の放送視聴率を最大1.4%引き上げ、3.0%にとどまった「ライフ」との格差をさらに大きく広げた。

30日の放送では右霜(シンヒェソン分)とボールウジン(ヤンセジョン分)と彼の甥ユチャン(アンヒョソプ分)、そして家事ヘルパージェニファー(イェ・ジウォンの方)の本格的な時限同居が繰り広げられた。 これと共に13年間昏睡状態に陥っており、心は十七だが、体は三十殺人霜と、13年前に片思いしていた少女を死なせたという罪悪感のために心が十七の立ち止まりたウジンがそれぞれの方法で遅れ成長痛を経る開始する姿が視聴者たちの注目をひきつけた。

ウジン - チャンの家で住み込みを開始し一息つくことができた霜は、まず最初に叔父の行方を探した。 過去叔父が運営していた貿易会社のホームページを検索してみたが、すでにそのホームページは痕跡すらなく消えた状況。 瞬間霜は13年前の事故当日、日本出張を行くとしていた伯父をソウルで目撃したことを思い出しは、彼の行方に深い疑問を抱いた。

ウジンは霜が徳邱(ファング)の命を救ってくれたことを縁に霜をした家に受け入れたヤング気に入らなかった。 人とつづりがことが何よりも嫌なウジンもハゴニワ現在の所有者である自分より古いマスターの霜をより従うトック、自分より家の隅々をよりよく知っている霜の行動が妙に気を攻撃的だったからだ。 さらに、自分の心の中傷をラッキング質問を悪意なくする霜にかっとしたウジンは「子よ? 話を続けるためにこのように反応がなければ、十分聞きたい意味という巨大通常、その年齢と、気づかない? その程度も把握がダメ大人に?」と毒舌を浴びせ、もう一度心の扉を閉ざした。

霜は失われた時間を取り戻そうとする努力を開始した。 バイオリン以外話せるのが一つもない霜だけバイオリンを直して再度音楽を起動しようとしたもの。 しかし、工房で出した修理費の見積もりは200万ウォン。 霜にそのように大きなお金があるはずだった。 これ霜は、次のにオーと言って苦いに転じ工房主人は不機嫌霜の後ろ姿に向かって「いくらすごいものでもそう放置すると、船尾されるだろた瞬間です。 楽器も、人でも」という意味を持った言葉を残した。

霜は工房の主人の言うように「ボロ」になってたくなかった。 これ修理費200万ウォンを稼ぐために求職に専念した。 しかし、13年という歳月を考えられジャンプしたも同然な霜は面接官の立場から見たとき「中卒」で「資格未達」だった。 プロクターに落ちを重ねていた霜は、自分の唯一の誇りだったバイオリンの演奏の実力も固まってしまった手と一緒に消えてしまったという事実を悟った、さらにアルバイトを求めるカフェで「20台湾の求める "は短剣のような話まで聞くことになると挫折した。 この時、偶然出会ったチャンは心から霜を上しており、霜は冷たいに、自分が13年間意識不明の状態だったという事実を打ち明けて憂鬱だった気持ちをフルフル振った。

続いて霜に奇跡が起こった。 音楽学院で状況が急が霜を採用することにしたもの。 飛ぶように幸せになった霜は、時をわきまえずに生地に指の筋肉の動きをして、夜明け2時過ぎても授業の準備をするなど、熱心を尽くした。 そして、このように熱心な霜の姿はしきりにウジンの目に入ってきたし、霜が家に来た後、生じる肯定的な変化は、ウジンの心を非常に微細に振る開始した。

しかし、世界は霜をまた一度裏切られた。 出勤当日音楽学院で霜の採用取り消し事実を電話で通報したもの。 あいにくその電話を受けたこれはウジンだった。 ウジンは関与していないしたが、喜んでいた霜の姿が目に踏まれて、最終的にじっとしていなかった。 ウジンは初出勤のための音楽学院に向かう霜を捕獲苦労事実を告白し、霜はその中に、ボトル入り我慢してき泣き崩れた。 ひとしきり涼しく涙をこぼした後、霜はウジンに向かって「おじさんこっそり良い人だと思う。 堅くて見えても知っているとはいい人であることと思います」と感謝を表しており、これにしょげたウジンは「勝手に解釈していないで。 今後さらにそちら日に関係することはないでしょう。 だから私について勝手に考えてはいけないという話ですよ」と文句を言うつもりたが日がいっそう鈍くなっ姿だった。

最高の1分は10時59分エンディングシーンが占めた。 霜とウジンが一緒に車に乗っていたの霜が通りの向こう側から叔父を見つけて、彼の追跡のために車道の真ん中で降りてしまったこと。 この姿を見たウジンは突然13年前の交通事故の記憶が浮かんでパニックに包まれだったついに走る車の間を危険だけに疾走する霜の袖口を握り、立ち「動かないで。 行かないで」と涙混じり懇願をして、今後の展開について知りたい事を垂直上昇させた。 霜 - ウジンの関係急変を予告する場面である。

「三十だ十七です」は、今日(31日)午後10時に7-8回が放送される。
スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 31.2018   0 comments   0 trackback
Category :ドラマ情報

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/39790-fb7e0168

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR