FC2ブログ

[SBS上半期決算①]多事多難だったドラマ、「リターン」の事態に視聴率低調まで

201806290925485755_1_20180630070119288.jpg

2018年SBS上半期ドラマは波乱た。

SBSは月火ドラマで「謎のイルスン」、「キスまずでしょう」、「油性メロ」を披露し、水木ドラマで「リターン」、「スイッチ - 世界を変えなさい」、「フンナム静音」を放送した。 週末ドラマは「ブラボーマイライフ」、「善き魔女前」、「シークレットマザー」の順である。

現在SBSは「油性メロ」、「フンナム静音」、「シークレットマザー」を放送中。 一時ドラマ名家と呼ばれたSBSが、最近では、低調な視聴率と低話題性にやや不満足な結果を生み出している。
201806290925485755_2_20180630070119298.jpg
「リターン」は、序盤話題性の高い視聴率が色あせるほどの過程でピクトた。 コ・ヒョンジョン、イ・ジヌク出演で放送前から話題を集めて「アクベンジョス」という名前でシン・ソンロクポン・テギュパク・ギウンユンジョンフンが熱演した中でコ・ヒョンジョンが中途下車を決めた、初の事態を迎えたこと。

劇中チェ・ジャ役を演じたコ・ヒョンジョンは、撮影中週ドンミン監督をはじめ制作陣との不和で中途下車した。 コ・ヒョンジョンが引っ張っていくことに他ならなかった「リターン」だったので、視聴者たちの衝撃も大きかった。 特にコ・ヒョンジョンと主ドンミン監督の不和に関連ニュースが相次いで伝えられ眉をひそめるようにした。

結局コ・ヒョンジョンは下車し、代替俳優にも関心が傾いた。 これ妊娠5ヶ月だったパク・ジニが緊急投入された。 パク・ジニは、妊娠した体で熱演を見せて視聴者から好評を得た。 しかし、プロセスの失望感姿を見せてくれたせいで「リターン」自体の評価はあまり良くなかった。
201806290925485755_3_20180630070119306.jpg
SBSの上半期ドラマは過程と結果で多少惜しかった。 果敢な試みとしっかりとした作品で勝負していた「ドラマ名家」、SBSが下半期に再び名誉を取り戻すことができるか関心が集められる。

視聴率の面で良い成績をおさめた作品は「疑問のイルスン」、「キスまずでしょう」と「リターン」程度だ。 「謎のイルスン」はエキサイティングな話に支えられユンギュンサンを再発見させた。

「キスまずでしょう」は、成熟した大人の下手な愛を扱った中でカム・ウソン、キム・ソナの感性演技が好評を得た。 しかし、放送後半から退屈になった話で物足りなさを与えた。
スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 30.2018   0 comments   0 trackback
Category :韓国ドラマ

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/39415-212755b8

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR