FC2ブログ

終映'リチメン'スホ、初長編主演。。'負担乗り越えて成功的'



スホが初のミニシリーズのヒロインを成功的にやり遂げた。初の主演作と開始前に負担を吐露したスホ。しかし、負担を振り切ってキャラクターに没頭した姿を見せた。天才だが人格的には成熟していないキャラクターを自然に演技して出した。

28日に放送されたMBN'リチメン'ではネクストゥインに復帰する類纂(スホ)の姿が描かれた。類纂はネクストゥインに復帰したとたんに、記者会見をしながら、会社を必ず立て直すという意志を明らかにする。ボラ(ハヨンス)はニュースを見ながら、事務所にある荷物を買った。 

ボラは済州島に帰る準備をして、類纂は夜を明かしながら、会社を再生する方法を悩む。類纂はボーラが見たくて電話するが、ボラは悩む受けない。類纂は結局、ボラの家まで訪ねて、帰宅しているボラと出会う。

類纂は"君が必要だ"、ボラの済州島行きを阻止が、紫色は"弊社の社長とあれば苦しくて、大変だ"という。類纂は結局、ボーラに"君の仕事は誰でもできることだ。補佐官の仕事がそんなにしたいならソウルから救ってやる"と話してみなさいを怒らせる。

類纂は翌日未明に、ボラに電話して"昨日私が興奮してひどいことをした。すまない"という。ボラは自分に謝罪する類纂をもっと好きになるが、これ以上会うまいと決心する。

ボラは島津(朴ソンフン)とほほ笑み(ユンダヨン)の結婚式の日の夕方、済州島に帰る計画を立てる。式が終わると、空港に向かっているボラ。泰山電子とMOU協約式のために遅れて式場にきた劉粲はボーラが空港に行ったという言葉に追う。

類纂はボーラに"私を愛してくれるの知っている。私もあなたとあればいい。君が好きな男になりたい。愛してる"と告白し、キスした。ボラは"とても遅れた。私、済州道行かなければならない"として、類纂は"行きなさい。恋愛する方法はいくらでもある"という。翌日から二人は長距離恋愛を始める。

しかし、類纂は忙しい業務のために恋愛にうんざりして"手で触ることも、キスもできない"と文句を言っている。ボラは慣れた背景を見せてくれて、類纂は自分の会社ということに気付く。類纂は事務室に立っているボーラに駆けつけ、キスした。/bonbon@osen.co.kr

[写真]'リチメン'キャプチャー

スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 29.2018   0 comments   0 trackback
Category :ドラマ情報

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/39404-42d0291c

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR