FC2ブログ

遠くから見ると喜劇、近くの線の悲劇... 「チャップリンの顔」ソン・ドンイル

0000310476_001_20180629045333557.jpg
人生の逆境乗り越え...八色鳥「赤い靴下」
映画「探偵」ドラマ「ミスハンムラビ」

日常の素顔をおいしそうに表現

二つの作品同時に人気を集め

したキャラクターで喜及び悲劇同時見せ

かろうじて生きてきた人生歴程の産物

アドリブで活力のアイデアバンク」


映画「探偵:リターンズ」(写真左)とドラマ「ミスハンムラビ」の中の俳優ソン・ドンイルの様子。彼の顔には悲劇と喜劇が共存する。 CJエンターテイメント及びスタジオ・アンド・ニュー提供


"ソン・ドンイル俳優が公務員に出る作品がよくなるようだ。」CJエンターテイメントの関係者が言った言葉だ。ソン・ドンイル(51)が、公務員に出てくる二つの作品が最近劇場とテレビ劇場で同時に話題を集めているからだ。ソン・ドンイルは去る14日から3週目ボックスオフィス1位を走っている映画「探偵:リターンズ」で、警察のノテスで、JTBCドラマ「ミスハンムラビ」で部長判事ハンセサンにそれぞれ記載されて劇を輝かせる。
狂気の代わりにチャンネ... 「国民の警察」ソン・ドンイル

不真面目な冗談ではない。ソン・ドンイルと公務員の縁を見てみると妙な相性を見つけることができる。ソン・ドンイルは市民の生活に深く染み込んだ公務員の服を着て、日常の素顔を誰よりもおいしそうに見せてくれる。

彼は小学生の双子の娘が刺身を食べられないこと知らない食事の場所に刺身を予約して妻にミョンバクを受け取る、気づいていない最もあり警察が、犯罪現場では特有の接触で迷宮に陥った事件を解決する一番の貢献者である(「探偵:リターンズ」)。

ソン・ドンイルは普段は萎縮したり、ノルブロジョいるが、特定の瞬間顔色が180度変わる反転の妙手だ。勇気ように見えるが、実際はアリに近い公務員の相反する表と中をソン・ドンイルほど「チャンネせる」示す俳優も珍しい。近所の知人の集まりを最初に取りまとめどの芸能人よりも近くで庶民の姿を見守ってきた結果だ。

27年目のこの俳優には、最近の公務員、特に警察署が集まる。ソン・ドンイルは、映画「青年警察」と「必ずキャッチ」をはじめ、ドラマ「賢明なガムパン生活」と「ライブ」など、最近1年間の間に極で制服だけ6回を受けた。

同じ警察署が、刺されないのは、彼の変奏能力のおかげである。ソン・ドンイルは光らせるは瞬発力に硬い制服にしゃれを時には涙を与える。同年代の俳優であるキム・ユンソク、パク・シニャンのような狂気の代わりに、水が流れるように快適に観客と視聴者に近づいて行くのが彼の長所である。

イメージソースを表示0000310476_002_20180629045333615.jpg

俳優ソン・ドンイルの代表作の数々。映画「国家代表」(左上から時計回りに)とドラマ「ウンシルイ」と映画「必ずキャッチ」とドラマ「チュノ」の中ソン・ドンイルの様子。ショーボックス及びKBS及びSBS及びNEW提供

「白髪のアドリブ銀行 "

"ソン・ドンイルはアドリブ銀行」(「探偵:リターンズ」のイオンフイ監督)である。撮影現場で後輩に台本にない突発アイデアを「ローン」してくれ活力を与える。 「探偵:リターンズ」でサイバー捜査隊出身のハッカーであるキリギリス型(イ・グァンス)はガンデマン(クォン・サンウ)とノテスのオフィスで「これは永遠に未解決事件に残るようだ」と真剣に言った後、椅子に座るがつまずく。ソン・ドンイル監督だけでなく、イ・グァンスに通知せずに、現場で体と椅子の間に隙間を広げておいた。無邪気キリギリス型のキャラクターを生かすために出したアイデアだった。

遥か後輩であるイ・グァンスと親交がなかったら不可能なことである。無愛想に見えるが、ソン・ドンイルは、撮影現場で雰囲気メーカーだ。彼は通常の有名俳優たちのように、撮影待機時間に、自分の車だけコック閉じこもっていない。 「近所のおじさんのようにスリッパを集めぶらぶら飲むいくよう後輩やスタッフ控室を訪ね冗談を渡し、「(ソン・ドンイルマネージャージヌク型)親交をみじん切りにする。現場が楽しくなければ仕事が楽しいというのが彼の持論だ。俳優の「演技する技術であり、労働者」と考えているからだ。

だから白髪が緑豊かな学習撮影現場で少年を自任する。ドラマ「応答せよ1994」でソン・ドンイルはシチポン(1990年代後半短く利用された姿を消した携帯電話のようなもの)に株式投資をしたが、1億ウォンを飛ばす。 「「メンブン」に陥った場面を撮影する直前、突然「私ちょっと」と消えた後目の下を直接扮してたるみをそしてカメラの前に現れソンホジュンなどの俳優たちが息を殺して笑っのに放送で同僚俳優たちの肩が揺れる姿がいく作る "(シンウォンホ「応答せよ」シリーズPD)式である。

ペーソスの親近感

とんでもないことだけを基にした笑いの有効期間は短い。ソン・ドンイルは喜劇と悲劇をしたキャラクターで同時に見せてくれ仮想人物妙な生命力を吹き込む。 「(中断された)は陪席(判事)にとっては行った事が?」「ミスハンムラビ」でハンセサンが仲間部長判事成功充(茶おまいり)にもいい人を先に取りまとめなければならならないと投げアドバイスは色白に食い込むほど知性。 "ソン・ドンイルはとてもフォーム雑誌ずペーソス(Pathos及び同情)をオリョネより大きな共感を引き出す才能を持っている。」(知恵ワン大衆文化評論家)

「人生を遠くから見ると喜劇だが近くで見ると悲劇というチャーリーチャップリンの言葉のような俳優がまさにソン・ドンイル」(「美女はつらいの」「国家代表」のキム・ヨンファ監督)である。ソン・ドンイルが喜劇と悲劇をよどみなく行き来するには、彼が屈曲した生活の中で得られた教訓と無関係ではない。ソン・ドンイルは私生児として生まれ父の家庭内暴力に苦しめられた。傾いた家の生計に責任を負わなければしたソン・ドンイルの演技力は切迫だった。 1991年SBS 1期公開採用タレントでデビューした彼は、端役はもちろん、朝のプログラムパネルなどを問わず片っ端から働いた。それでも、彼は10年の間に手にしたお金は120万ウォンに過ぎなかった。 1980年代から演劇俳優で起動すると、無名俳優として生きていた彼は、日焼けがかからない半地下でのみ、25年を生き絶望を身に刻んだ。

劇場前ごろつき男1→国民の父→?

ソン・ドンイルが沼から抜け出すことができた決定的なきっかけは、「赤い靴下」であった。 1998年のドラマ「ウンシルイ」で近所のごろつきヤンジョンパル役を引き受けた彼は赤い靴下を履いて納豆臭ぷんぷん漂う方言を披露し、一気に「新・スティラー」になった。以後ソン・ドンイルは「ワンルンの大地」「野人時代」「太陽の南側」「ファッション70s」などのドラマに立て続けに出演したがコミカルなイメージに閉じ込められて、10年余りの間に大幅に光を見ていなかった。

「赤い靴下」の栄光を再び見つけてくれたのは、映画「国家代表」とドラマ「チュノ」であった。特に「チュノ」でソン・ドンイルの活躍は独歩であった。チュノクン天地号役を演じたソン・ドンイルはスイカか直接黒く塗りつぶし配役の卑劣を生き生き生かした。 「劇場前チンピラの男1 '('ウンシルイ」)で始め血チュノクン(「チュノ」)を経て、「国民の父」(「応答せよ」シリーズ)で暖かをあげる「国民警察」になった。チャップリンのような俳優の次の姿は何だろう。
スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 29.2018   0 comments   0 trackback
Category :俳優

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/39401-8bc3c57e

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR