FC2ブログ

米ビルボード"スーパージュニア、14年目のスーパースター。。Kポップ+ラテン音楽の最初の成功"



米国の有名メディア、ビルボードと音楽専門誌Fuse TVにはスーパージュニアとのインタビューを公開した。 

ビルボードはこの27日(現地時間)、公式ホームページを通じて"2009年、スーパージュニアは'ソリーソリー'でその年の最も大きな成功を収めた。数年後,彼らはK-POPで最も目に付くパフォーマーとして成長、全世界的な人気を得た"と紹介し、4月12日に発売したスーパージュニアの新曲'Lo Siento'(ロシュには土)を集中照明、"スーパージュニアキャリアのルネサンスを開いた"、'Lo Siento'が韓国の歌手で初めてビルボードラテンデジタルソングチャート(Billboard's Latin Digital Song Sales chart)13位に進入したことを詳しく説明した。

また、ビルボードは"スーパージュニアの成長を逐次的にみると、2009年'ソリーソリー'がグローバル的な人気を呼び、韓流が成長した。ならば、今はより多くの韓国音楽が'Lo Siento'を皮切りに米国のチャートの扉を叩く時間"とし、'Lo Siento'に対する称賛を惜しまず、、"スーパージュニアはこれ以上'ジュニア'がなくデビュー14年目のK-POPスーパースター"と高く評価し、記事を終了した。

2018062813142670f.jpg

ともに、同じ日に27日(現地時間)、公式ホームページにスーパージュニアとのインタビューを掲載したFuse TVは、スーパージュニアにラテンのジャンルとK-POPが調和した'Lo Siento'コルレボレイションについた背景を質問、リーダーのイトゥクは"韓国では、どのK-POPグループもこのようにラテン音楽を試みたことはなかったが、スーパージュニアはラテンサウンドを活用しようとする目標がありました。レスリーグレースとラテン語で一緒に録音するのは我々にも最初の試みだったが、結果は成功的でです。私たちはこれからも新たなジャンルに対する挑戦を続けることです"と抱負を明らかにし、注目を集めた。

スーパージュニアは、この4月20日、アルゼンチン・ブエノスアイレスを皮切りに、22日、ペルーのリマ、24日、チリのサンティアゴ、27日、メキシコメキシコシティまで、中南米4ヵ国で'スーパージュニアワールドツアー–スーパーショー7(SUPER JUNIOR WORLD TOUR SUPER SHOW 7)'で約三万5千人の観客を動員し、世界的な音楽ファンの爆発的な愛を立証した経緯がある。/seon@osen.co.kr

スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 28.2018   0 comments   0 trackback
Category :KーPOP

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/39395-64b49c31

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR