FC2ブログ

"永遠5人" ... 「ラス」シャイニー、故ジョンヒョンを欠場だ

2018060101000002800215921_20180531064611680.jpg
グループシャイニーが故ジョンヒョンを送った後、心境を打ち明けた。

30日夜放送されたMBC「ラジオスター」は「SHINee's back」特集で飾られシャイニーオニュ、ミノ、キー、テミンが出演した。

この日シャイニーは、昨年12月に亡くなった故ジョンヒョンを思い出した。 ミノは「メンバーたちだ心配をしていたようだ。とにかく芸能プログラムに出てくる楽しいしなければだから「こんなのが当たる」という考えをみんなで持っていたようだ。「アルバムが出てきて活動を続けているのが合う」という考えをした徐々に時間が経つにつれて、心も引き締めて、将来についてもっと話をして感情をチュスル早いようだ」と、これまでの心境を明らかにした。

これは、ユン・ジョンシンは「ネットがあるのを見て実感になった」と用心深く話をかけネトゴ、ミノまた「毎日のように行った放送局とスタッフの方々の顔をよく直面できないのたことがあった。しかし、これも結局、私達が苦しまなければならする過程だと思う」と淡々と話した。

テミンとオニュは故ジョンヒョンを思い出してこらえていた涙を見せた。 テミンは「外向的性向が変わる時点でそのようなことがあって、ソロ活動に欲も出てきは「メンバーたちが本当のいい」ということに気づいた時だった。」と言葉を続けるないまま涙を流した。 また、心が痛い涙ができない流し相談まで受けた優しさは、「最初はそうだった。私は泣くならないと思った」と打ち明けた。 オニュはせっかく涙を参照うとしたが、素晴らしい「申し訳ない」と涙を流して見る人々を切なくした。

キーはメンバー全員外傷後ストレス障害の相談を受けた明らかに「「ラス」出演もそうすぐに日本のコンサートをしていた理由は、もちろん、そのことが、私たちが崩れるきっかけと絶対見ることができず、イギョネンダは表現も合わないが、私たちが早く認めて活動するためには、他人の話を持ち出すよりも、私たちの口に一度ジプオヤというのがあった」と打ち明けた。

キーはまた、東京ドームコンサート開催のニュースの後悪質な書き込みに衝撃を受けたという事実も明らかにした。 彼は「公演を進行するか否かについて心配した。いくつかの状況があった型のためにしたこともあって、ファンの方々のためにしたものもある。型を欠場しながら一緒に良い場所に送って与えることができる公演をすると良いという趣旨であった。そして、その会場は、実際に5人であるときは、1年前からの約束がされていた会場だった」と説明した。 メンバーたちは大変だが故ジョンヒョンそしてファンとの約束を守るための決定を下したこと。 キーは「事実悪質な書き込みが走るとは思ってもなかった。コンサートという記事が出たとき「大衆歌手だ悲しみを利用する」、「マーケティングに活用する」という言葉がとても聞く嫌だった」ともう一回傷を受けたことを打ち明けた。

感情を取りまとめ、他のテミンは「この話を必ずしたい。常に私たちが他の人々のために良いことを見せてランナーということを追求してきたが、今、私たちのためのものにしたい。本当に私たち同士長くてきたが、結果は何だろうかという気がした。これ釘乗り越え面のメンバーと落ちるだろうし、また、そのようにされるの嫌いだから、これを勝ち抜かなければという思いが大きかったようだ」と話した。

この日シャイニーは、4人が一緒に歌う歌で、2015年に発売された4集アルバム「オード(Odd)」の収録曲「再演」を選曲した。 オニュは "メンバーたちだように選んだ曲だ。この歌詞のように、今後も一緒に四人、5人同士団結していこうという意味」と説明した。 舞台に上がったメンバーたちは故ジョンヒョンを考えて、これまで以上の歌詞に心を込めて熱唱した。

最後に、ミノは「多大丈夫ではないが、特に舞台の上にいるか、歌をするときは、ネットだけでなく、のように一緒にするという考えと、私たちも、より力が出て、楽しく上手にすることができるような気がする」とは永遠に5人が一緒にいるという事実をもう一度強調してキュンとした。
スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 31.2018   0 comments   0 trackback
Category :バラエティ

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/39007-4eb9c68a

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR