FC2ブログ

'ライオン'李基雨(イ・ギウ)、嫉妬・愛行き来するジェボルナム…スチールカット公開

20180531010743552.jpg
俳優李基雨(イ・ギウ)が今年最高の期待作に挙げられるドラマ'ライオン(四子:創世記、演出チャン・テユ、(株)・マウンテン・ムーブメントストーリー)'を通じて一味変わった変身に乗り出している。 

'ライオン'の製作会社は30日、李基雨(イ・ギウ)のイメージカットを公開した。'ライオン'は母の疑問死を暴いていた男が自分と同じような顔の人間を一つずつ会って大きな陰謀に巻き込まれるファンタジーロマンス推理ドラマでパクヘジン七グヮクシヤンの李基宇(イ・ギウ)のキム・チャンワン朴クンヒョンなどが出演を確定、現在撮影が行われていた。 

李基雨(イ・ギウ)は、劇中の大企業文明グループの後継者のカン・イルグォン氏駅と扮している。一権は文明グループの長男で政略結婚をするほど、欲望が強い人物で父親に認められるために努力する人物。3年前に父の手に引かれて、文明の二番目の後継者になった弟イルフン(パクヘジン)を嫉妬しが、一方では愛情も持っている。 

一権は父、姜会長の絶対的な支持を受けるイルフンを嫌っているが一権も弟に対する愛情がなくはない。

このように複雑な一権の心理を優れた感情演技で消化している李基雨(イ・ギウ)は公開されたスチールカットで何か由ありげな姿を繊細な表情の中に盛り込んでいる。 

呆然としたように膝を屈している姿や考えに浸ったような姿では弟のイルフンに対する感情を整理できない混乱が読まれる反面、テーブルに座ってどこかを受験するカットでは善良な青年の姿も読み取れる。 

前作JTBC'ただ愛している間''品のある彼女'などでやさしいイメージで黙々と愛情を与える人物で視聴者たちと会ってきた李基雨(イ・ギウ)は今度の作品を通じて弱さと善良さを行き来する反戦魅力を見せてくれる予定なので期待感が高まっている。

一方、'ライオン'はブランド俳優軍団に続き、SBS'星から来たあなた'のチャン・テユ監督の4年ぶりの国内復帰作で、国内はもとより、海外でも話題作として浮上した。この1月から忙しかった撮影スケジュールを消化している中、100%に事前制作ドラマで製作、今年下半期放送される予定だ。

スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 31.2018   0 comments   0 trackback
Category :ドラマ情報

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/39006-29b4ca09

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR