FC2ブログ

「ミスハンムラビ」キム・ミョンスはないですな想像できない

0002792285_001_20180530065117614.jpg
キム・ミョンス(エル)が「ミスハンムラビ」で活躍している。 相手俳優のコ・アラとケミだけでなく、自分の信念と社会正義の実現の間で葛藤する姿を実感できるように表現して共感指数を高めた。 信じ見る演技としての地位を固めた。

29日放送されたJTBC月火ドラマ「ミスハンムラビ「4回には、ひたすら自分の成功のために無慈悲な横暴を日常的に行う次おまいり(成功充)の姿が描かれた。 次おまいりは仕事中毒であった。 昇進のためには、アブも、仕事も、常にすることができた。 一緒に働く査定も休むことなく仕事を余儀なくされた。 監視も兼ね。

査定は、妊娠初期の状態であった。 話すことができなかった。 昇順船自身と働くとき結婚も、妊娠もしないようにためらわずに言っていたはずで言ったら、今後気づい見えることがより多いようでしたから。 毎日のように夜勤して、日曜日出勤も基本であった。 業務の強さは、ますます激しくなった。 さらには持ちこたえることができないと感じたときに子供を流産した。

この過程を見守ったコ・アラは激怒した。 不当な扱いにナイフを抜いた。 査定の人権を守ろうと声を高めた。 署名運動に出て弱者の側に立って変更のための動きに突入した。 キム・ミョンスは葛藤に陥った。 先にシニア部長アン・ネサンを訪ねて行った彼は、実務研究会と、自分が出した意見を昇順倍横取りことについて抗議したが、かえってコ・アラ管理をよくするように言われた。 このままいる間初任判事が懲戒を受けることができるという言葉だった。

コ・アラを守りたかったキム・ミョンスは "法廷を変えたいとしたか。本当に変えたくて、誰かを守りたい私から守れ」と助言した。 感情の渦でコ・アラを守りたい感情を爆発する姿が視線を圧倒した。 強烈なカリスマを発散した。 しかし、コ・アラは、揺らぐことなく、第方法で査定を守るために動いた。 これに対抗し次おまいりは、他の部長判事を探しながら、自分の地位を守ろうともがいを打った。 ソン・ドンイル(ハンセサン)も訪れ、いろいろな種類のアブを並べ据え陪席判事にすべての責任を押し付けた。 ソン・ドンイルは直撃弾を飛ばした。 「あなた同席に行ってみたのか。子供を失う胸を痛めて涙流している同席に行ってみか」とかっとした。

社会正義と信念、現実が衝突した。 事実キム・ミョンスは原則主義者として、これまで誰のことに大きな関心を見せたり揺れ的なかったエリート。 しかし、熱い心を持ったコ・アラが表示されたら揺れ始めたこれは、彼の人生を根こそぎ変えるに至った。 キム・ミョンスはコ・アラと力を合わせることに決め、全体の判事会議を招集するメールを回した。 その過程が細かく描かれてキム・ミョンスの演技力が試さに上がった。 期待以上の熱間圧延で没入度を阻害しなかった。 これキム・ミョンスが示す「ミスハンムラビ」の中である正しいの歩みが期待感を高めるしかなかった。
スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 30.2018   0 comments   0 trackback
Category :ドラマ情報

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/38990-ab9bd73f

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR