FC2ブログ

星も月もあげる 94話

年末年始分、まとめて10話、怒涛の視聴(^_^;)

ミニョクが実はマンホの行方不明だった息子ジンス、ジヌの兄だということが周囲の人たちに知られ始めました。
ジヌは本人を問い詰めるものの、全く実家には戻る気のないミニョク。自分を慈しみ育てくれた今の父に感謝し、愛しているし、裕福な環境も捨てがたい。現在の地位につけたのも父の会社のおかげ。いつもトラブルを抱えている実家に戻るのは相当な勇気が必要よね。ミニョクは利己的かもしれないけど、その気持ちは理解できます。

父マンホが真相を知ったにもかかわらず直接責めるでもなく、いつか戻ってきてくれるよな?と語りかけ、その呼びかけにさすがに良心の呵責を感じた様子。

このまま静かに時が過ぎ、ミニョクが事実を受け入れてそのうちマンホ一家に心を開いて実家と行き来するようになればよかったんだけど。

どんどん堕ちていく悪巧み軍団三人、チェウォン叔父、ギョンジュ、チェウォンにふられた見合い相手の策略により、会社の業績は下がりはじめる。
マンホを車ではねたのに「僕は悪くない、相手が飛び出してきた」と開き直る叔父をいさめるチェウォン父。そのうえ、見合い相手の男、ライバル会社の御曹司と密会している場面に遭遇。
もともと怪しまれていた叔父はチェウォン父の信用を無くしたと思い、追い詰められてミニョクが実の父を探し出していること、それを内緒にしてると告げ口してしまう。

ミニョクを悪者にしたて、チェウォン父の信用を無くして親子の仲を引き裂き、ミニョクを追い出して会社からも追放するつもりの叔父。
そしていつまでも優柔不断にギョンジュに未練たっぷりなミニョクが見ていられないばかりか、このままギョンジュを放置していては会社を滅ぼすと判断したチェウォンはミニョクにギョンジュがスパイだと真実を告げる。
さすがのミニョクも今度こそ思いを断ち切り冷たくギョンジュを追い払う決心をして退職を迫るのだった。

ヤッター、ついにギョンジュが会社からいなくなる~と思ったのもつかの間、叔父たちといよいよ強固に手を組んでミニョクとチェウォンに復讐を誓う。
追放したつもりがかえって刺激して憎しみを募らせる結果になったみたいね。
自業自得、自らの陰謀が招いた結果なのに、全くの逆恨み。

そんなこんなで祝福もとおりいっぺんのチェウォンの妊娠。一番喜んでチェウォンを大事にしてあげなくちゃいけないはずのジヌも兄と父のことで頭がいっぱいで口先だけの幸せぶり、心ここにあらず。
つくづくかわいそうなヒロイン、チェウォン。仕事も家事も精一杯頑張ってるのに。

チェウォン母でなくても苦労してるチェウォンが不憫でならないわ。
そのうえ、ミニョクがジヌ兄だと知ったら、ショックでしょうね。妊娠しても穏やかに日を送れないものね。
哀れといえば、おバカジングの糟糠の妻、ナレさん。家事と会社の仕事のかたわら、受験勉強に励む日々なのに、チョロマツジングはお店の若い女の子に夢中で浮気しそうな勢い。
もうこうなったら応援してくれるチェウォンの助けを借りてぜがひでも大学に合格してジングを捨ててやればいいのに。

チェウォンはナレの家庭教師も喜んで引き受け、ジヌ妹、問題児の末っ子ジニの歌手への夢も応援してあげてる。
マンボ一家の女性たちが幸せになりますように。
スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 09.2013   0 comments   0 trackback
Category :星も月もあげる

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/3851-ea4d3b4b

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR