FC2ブログ

防弾少年団、「2017ナンバーワン韓流★」選ばれた... 息ピア・ウォーズ7冠王

2018041801001475400109073_20180417081106750.jpg
2018041801001475400109076_20180417081106782.jpg
2018041801001475400109072_20180417081106743.jpg
2018041801001475400109071_20180417081106733.jpg
2018041801001475400109074_20180417081106758.jpg
2018041801001475400109075_20180417081106772.jpg
昨年の韓流ファンたちの最も多くの愛を受けたスターはKポップ、Kドラマ部門をあわせて防弾少年団(BTS)であることが17日、全世界に発表された「第13回息ピア・ウォーズ(The 13th Annual Soompi Awards)」受賞結果明らかになった。 2005年に最初に施行されて以来、今年で13回目を迎える息ピア・ウォーズは、世界中の韓流ファンの投票で受賞者が決定され、KポップとKドラマの両方の分野の韓流の現状と動向を計るバロメーターの役割をしてきた。

息ピア・ウォーズのKポップ「今年のアーティスト」部門は毎年エキソ(EXO)ビッグバンのような代表的なKポップグループが熾烈な競合を繰り広げてきた。 2017息ピア・ウォーズ」今年のアーティスト」部門ではあまりにも顕著な活躍をした防弾少年団の首相が早目に点張られてきたが、結果は「今年のアーティスト「だけでなく、「今年のアルバム」「今年の曲」など史上類例のない6部門独占的に表示されるほど圧倒的であった。 防弾少年団は、メンバーである「ヴィ」は、Kドラマ「最優秀アイドル俳優」部門で受賞する二重の慶事も享受した。 Kポップ、Kドラマ全30件の競争部門で7つの部門を受賞する最高の栄誉を享受したものである。

「ベスト男グループ「賞」ゴッドセブン(GOT7)」が、「ベスト女性グループ「賞」のガールフレンド(GFRIEND)」が占めた。

たてセブンは「ベストの男性グループ「他にも「ラテンアメリカ人気賞 '、'おベストファン層」の3つの部門で受賞し、グローバルな影響力を誇示した。 特に新鮮なセブンは、グローバルファンの忠誠心を示す「ツイッターベストファンダム」部門で3年連続受賞した点が異彩を放つ。 たてセブンは、今回の「今年のアーティスト」部門でも、常に優勝候補に属するエキソを抜いて2位を占めた。

ガールフレンドは、「夏の雨」「耳をすませば」「フィンガーチップ」などでスムピミュージックチャートで4週連続1位を占めたのに支えられ「ベスト女性グループ」部門の優勝ができた。 昨年、この部門で優勝した「アップデートワイス(TWICE)」は、「今年のアーティスト」部門ではガールフレンドを上回ったが、「ベスト女性グループ」では遅れた。 この事実だけを見てもKポップスターたちの部門別の競争がどのよう激しいか知ることができる。

「ベストソロ」部門ではペッキョン、アイユがそれぞれ男女部門で受賞した。 昨年「今年のアーティスト」受賞グループであるエキソは、今年のメンバーペッキョンだけが個人賞を受賞した。 このほか、第13回息ピア・ウォーズは、Kポップグループを導いていく次世代走者にモンスターのXを注目している。 「ブレイクアウトアーティスト」部門だけで受賞したものの、競争が特に激しい部門である「ヒューズ(Fuse)今年のミュージックビデオ」と「ベスト振り付け」部門でそれぞれ3位にする程のグローバルファンの声援を受けて急成長しているからある。

やはり大きな関心を集めたKドラマ部門の受賞者も選別された。 Kドラマ最高スターを覆う「今年の演技賞 - 男」部門ではイ・ジュンギが、「今年の演技賞 - 女性」部門では、ユナが正常になった。 最高作品賞格「今年のドラマ」に選定された「鬼」は、男女主演賞は逃したが、男女助演賞部門でイ・ドンウク、有人私がすべて受賞する栄誉を享受した。

上の人の俳優に選ばれたイ・ジュンギは、主役を演じたtvNドラマ「クリミナルマインド」が国内外で大きな反響を巻き起こしたおかげで人気を集めた。 「今年の演技賞 - 男」部門で昨年2位、3位を占めたイ・ジョンソク、チ・チャンウクは今年3、2位に順位改行をしトップ圏に連続近接たが、今年もやはり受賞には失敗した。 特にSBSドラマ「怪しいパートナー」で熱演したチ・チャンウクは最後までイ・ジュンギと上を置いて順位争いを繰り広げたが、0.04%というわずかな得票率の差で苦杯を飲んだ。

最高女優に選ばれたユナは、MBCドラマ「王は愛する」で10年目演技者の貫禄を誇示して、グローバルファンたちの視線を捕らえた。 ユナは昨年「今年の演技賞 - 女性」部門でも2位を記録し、着実に韓流ファンたちの愛を受けた最後に受賞に成功した。 今年2位はJTBCドラマ「ヒムセン女性ドボンスン」で熱演したパク・ポヨン、3位はKBSドラマ「安、マイウェイ」で主役を演じたキム・ジウォンが記録した。

「今年のドラマ」に選定された「鬼」は、優れたセット、秀麗な容貌の出演陣、しっかりとした台本と洗練された演出で、昨年の最大の人気と存在感を誇示したKドラマだった。 「ヒムセン女性ドボンスン」も主人公のパク・ボヨンを「今年の演技者 - 女」2位、パク・ヒョンシクを「今年の演技者 - 男」4位に上げるほど大きな人気を享受した。 二人の俳優「ベストカップル賞を受け硬い演技の相性を誇示した。

2018息ピア・ウォーズは、人気Kポップグループ「SHINee」のメンバーとして活動し、昨年死亡したジョンヒョン(キム・ジョンヒョン)君に韓流特別賞を授与された。 長い期間最上Kポップグループのボーカルリーダーとして活動して韓流拡散に大きく寄与した彼の芸術的な生活をキリンある。

息ピア・ウォーズは、英語圏の最大の韓流ニュースサイトであるスムピが前年度に活躍した韓流スターと作品を対象に大きくKポップとKドラマの30部門にわたって授賞する。 今回の第13回息ピア・ウォーズは、2016年12月1日から2017年11月30日まで活躍したスターや作品を対象に授賞した。 投票参加国が139カ国で190カ国に大きく増え、全体の投票もでき、2014年に2300万、2015年4000万、2016年の1億、2017年の1億6000万にしてを重ねるごとに、ほぼ指数関数的に増加している。 これは韓流ファンが増えているからだが、息ピア・ウォーズの主催であるスムピが世界SNSのツイッター(Twitter)と協業して、アメリカの主要芸能媒体である「ヒューズ(Fuse)」TVと共同プロモーションを推進ブームを造成したも起因する。 昨年に続き、今年も投票イベントを助けたジョニーブロス(Zanybros)のイベント映像もブーム造成に寄与したと挙げられる。

1998年に始まった息咲く2015年の世界のドラマを世界中の言語で字幕サービスする米国のグローバルTVサイトヴィッキー(www.viki.com)社メンバーになった。 月に4000万人以上が視聴するヴィッキーでKドラマは常に全体視聴率が50%を上回るほど圧倒的な人気を博している。
スポンサーサイト
Posted by まりあんぬあしゅー on 17.2018   0 comments   0 trackback
Category :受賞

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/38346-75f0ce06

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR