「ウ満期」キム・ミョンミン、二家行き来ギリギリ綱渡り。月火ドラマ1位

0003762197_001_20180417073908427.jpg
"日侮辱しないでください! 私そんな人じゃない!」

視聴者を完全に捕らえたKBS 2TV月火ドラマ「私たちが会った奇跡」(脚本ベクミギョン/演出イ・ヒョンミン/製作Aストーリー)5回が視聴率11.5%(ニールセンコリア全国基準)を記録し、自己最高視聴率を更新し、上昇の勢いを継続してている。

この日の放送では、ソンヒョンチョル(キム・ミョンミン)がアイデンティティにひどく混乱感じ始め、二家を行き来する彼のきわどい綱渡りがお茶の間を緊張感に追い込んだ。

特に子供の競合が原因で学校に集まったソンヒョンチョル、線・ヘジン(キム・ヒョンジュ)、助演化(ラミーと分)の三者対面が見る人々の心をチョルギトにした。 加えて、息子ソン・ガンホ(ソ・ドンヒョン分)の肩を持つのではなく、息子を殴ったソング指数(ギムファンフイ分)を擁護する寸劇が広がって爆笑を誘発することはもちろん、彼との間の置いた二人の女性の奇妙な気流がぴりっとを加えた。

続いてリースした肉体の持ち主であり、自分を破滅に追い込んだ張本人ソンヒョンチョルA(キム・ミョンミン)を内密に波ヘチリョはソンヒョンチョルB(コ・チャンソク分)の動きが周辺の人たちと銀行も波長を起こした。 会社の従業員らに「人間ソンヒョンチョル 'のすべてのものを一つ一つ告発しろイルヌンガとソンヒョンチョルAに感じる怒りを表出するなど、自我が揺れる姿を見せたこと。

また、ソンヒョンチョルBが「私を侮辱しないでください! 私そんな人じゃない!」と叫ぶソンヒョンチョルAの幻想を向き合っシーンは、彼の混乱を正しく見せてくれた部分。 精神物理自我二岐路に立っソンヒョンチョルの苦悩がお茶の間をずっしり圧倒した。

このように「私たちが会った奇跡」は、ソンヒョンチョルのスペクタクルな肉体賃貸適応期に加えて、人間として感じる焦燥を繊細に表わして没入度を高めた。 ここで彼を取り巻く線ヘジン、助演化をはじめとするいくつかの人物たちの物語が重ねながら、より立体的なドラマを完了すると、視聴者のチャンネル権を鉄壁死守している。
スポンサーサイト
Posted by まりあんぬあしゅー on 17.2018   0 comments   0 trackback
Category :ドラマ情報

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/38338-74fc8aee

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR