上場準備ビッグヒットが解決すべき「防弾依存」

0000638926_001_20180416065810691.jpg
防弾少年団所属事務所ビッグヒットエンターテインメント(ビッグヒット)が最近監査報告書を通じて公開した「2017年の実績」は、派手だった。 売上高924億円、営業利益325億円、当期純利益246億など、2005年の創立以来、最高のパフォーマンスを記録した。 ビッグヒットは、特に営業利益で、いわゆる「ビッグ3」と呼ばれるSM・YG・JYPエンターテイメントの両方を抜いた。 「ビッグ3」の接続監査報告書によると、昨年の年間営業利益でYGは252億ウォン、JYPは195億ウォン、SMは109億ウォンを記録した。 YGと73億ウォンの違いは、SMとは216億ウォン差である。 ビッグヒットは「前年比売上高162%、営業利益214%、当期純利益173%増と外形および定性的成長を達成した」と自評した。
ビッグヒットのような爆発的な成長は、防弾少年団が国内外で稼いだアルバムと音源輸入、ワールドツアーなどに起因する。 ビッグヒット側は「2017年は、防弾少年団の国内外成功が財務的成果に帰ってきた一年だった」とし、「単に売上規模など外形だけ成長したのではなく、収益性と収益の多様化など質的成長が伴って鼓舞に思う」と述べた。

ビッグヒットは下半期上場予備審査を受けて、来年初め証券市場に進出するスケジュールを推進していることが分かった。 コスダック上場を準備中であるビッグヒットとしては、昨年の実績に精一杯鼓舞されますが、証券業界では、「ビッグヒットが企業価値を高く評価される企画だが、IPO(株式公開)に成功するには、特定のアーティストへの依存度を減らし、様々なラインナップを設けることが重要である」と指摘する。 さらにビッグヒットは、他の信頼度も育てられるか、トレーニングシステムやプロデューサーの力量も見せなければならない。 それより前に防弾少年団と再契約もしなければならず、些細な問題が議論に飛び火されるエンターテインメント業界特有のリストを勘案すれば、ビッグヒットは脆弱性も相当である。

ビッグヒットは、その上傾いた関心の重量だけを証明しなければならも、見せなければならすることも多くなった。
スポンサーサイト
Posted by まりあんぬあしゅー on 16.2018   0 comments   0 trackback
Category :KーPOP

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/38326-93a75dfb

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR