「ヒョリ四2」ユナ、少女時代はない二十九 'だけイムユンア」の夢

0000844111_001_20180416072508928.jpg
"はイムユンアの生活を広げたい」

15日放送されたJTBC「ヒョリ四民宿2」では、冬の民宿の最後が描かれた。

この日のユナは、朝食担当としての役割をやり遂げた。 サンスンは「ユナは何上手」と感心したり。 続いてユナは、他の民宿客と一緒にお皿を洗うした。

二人は90年生まれの同い年で、今年二十九。 民宿客はユナに「私たちが学校で会ったなら友達だったはずなのに、ここで見ることなって、従業員と客に会うことになっ "と述べた。

ユナは「それでは一日放置した今日からでも友達のように言葉を置こう」と話した。 民宿客は「我々は両方の九おしゃべり」と述べ、ユナは「そうだ。いつの間にか私アホプスになった」と答えた。

民宿客はユナに「君は二十九の前に必ずのように感じるって何?」と尋ねた。 ユナは心配しないで、「もう少し余裕を持って生きてたい。ただイムユンアの生活を広げたい」と述べた。 10代から前だけ見て走ってきたユナに最も必要なのは90年生まれイムユンアを振り返る時間だったこと。

続いて二人は、社会可能性にも素直な気持ちを交わした。 ユナは「社会生活を早くたのが長所と短所があるようだ。逆に遅く始めたことも長所と短所がある」と、やや仕事を遅く始めた民宿客に暖かいアドバイスを渡した。
0000844111_002_20180416072508959.jpg

加えて、この日のユナは、舞台の上派手な少女時代のユナはなく、民宿客、従業員ユナに、雨が降るとピンクル「ブルーレイン」と思う私はユナには、別の仲間と同様に、20代の最後を意味するように過ごしたい青春イムユンアの姿だった。

また、イ・ヒョリ - サンスンとも、民宿客にもぎこちなさせずに過ごしていつのまにか「ヒョリ四民宿2」に完全に溶け込んだ姿で親近感を加えた。 最後に、ユナは「少女時代もいつのまにか大先輩になった。音楽番組に行けば挨拶を受ける立場になったようだ。年末授賞式でも、私たちトリビュートステージをする後輩たちもできた。時間が本当に早い」と少女時代のユナとしての悩みも忘れなかった。
スポンサーサイト
Posted by まりあんぬあしゅー on 16.2018   0 comments   0 trackback
Category :バラエティ

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/38324-85954ec2

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR