FC2ブログ

'私のおじさん'また自社で最高視聴率更新'最高6.2%'



'私のおじさん'が目が離せない、歯ごたえのある展開で昨日に続き、の最高視聴率をジェギョンシンし、5%を突破した。 

tvNの水木ドラマ'私のおじさん'(脚本パクヘヨン、演出の金ウォンソク、製作スタジオドラゴン、チョロクペム・メディア)8回はケーブル、衛星、IPTV含む有料プラットフォーム世帯視聴率で平均5.3%、最高6.2%を記録、ケーブル-総合編成、同時間帯の1位を占めた。男女2049ターゲット視聴率も平均2.9%で最高3.4%を示し、地上波を含む全チャンネル、同時間帯の1位を記録した。(有料プラットフォーム全国基準/ニルソンコリア提供)

同日の放送で、集安(イ・ジウン)は"ファイト!"を叫ぶほど変わった姿を見せて視聴者の胸を鳴らした。パンッパンッと冷たい都市で初めて世間を知らせてくれた人、トンフン(李ソンギュン)が歌ってきた変化だった。集安の変化に気づいた洸一(ジャンキヨン)と、さらに危険な取引を提案したジュンヨン(キム・ヨンミン)まで緊張感加えていく物語で、没入感を高めた。 

一杯のお酒を傾けた飲み屋から出て、トンフンは集安にすべての建物が外力や由来の戦いであるように、"人生も背景と外力の戦い"と話した。"何があっても由緒が洗面耐えるんだ"というトンフンはなんとなく集安も来歴がもっと強いので、持つことができるだろうと言っているようだった。しかし、人生の来歴が何かに対する集安の問いは、むしろトンフンの人生を振り返らせた。一時、何一つ不自由なく本当に幸せだった妻である允姫(ユンヒ・イ・ジア)と息子ジソク(チョン・ジフン)との瞬間を回想しながら、"国て思ったこと、私を支える柱であると悟っていたのが、事実は私の真の来歴がないようだ"、自嘲した。ために"スペックが相次いで表示された履歴書よりは走ること使われている履歴書がはるかに税よりだった"とした。その時はよく分からなかったが、トンフンは集安を派遣職で採用した理由だった。

あれこれ話をしながら歩いていた二人は遠くに集安の家が見える頃に"柄"、"明日会いましょう"と無心に転じた。そしてそれぞれの家に向かって歩を踏み出したところ、急に後ろを振り返ってみた吉安は"ファイト!"と叫んだ。冷たい世の中を一人で乗り越えて立っていた経た集安が誰かに向かって、また自らを向かって'頑張ろう'と言葉をできるようになった有意味した瞬間だった。

一方、トンフンと向かい合って酒を飲む笑う集安を目撃した洸一は彼女の変化を直感してトンフンの後を追った。そして、わざわざトンフンにぶつかって彼の財布を盗み取った。身分証でトンフンの情報を得るためだった。盗聴で洸一がトンフンに接近したことを知ることになった集安は自分の足で女子を訪ねた。そして彼が杉安E&Cを訪れ、問題でも起こして会社でクビになったらお金も儲けられないのと、借金も返すことができないと力を込めて話した。しかし、女子は"パクドンフン。名前も分かったし、会社も知っていたし、"だとし、何をしでかすか分からないというニュアンスで脅迫を続けた。集安は"その人の近くだけが。本当に死んでお前"と強く対応した。トンフンを崩しとした集安が彼を守ることに決心した瞬間だった。 

ユンヒとの不倫が発覚した後の危機に直面した俊英は集安にさらに危険な取引を提案した。すぐトンフンに恋愛をかけて"職場の上司の権威を利用した不適切な関係を作ってみ"ってこと。チュンヨンは1千万ウォンを、前金と出し、"一緒にご飯を食べて、酒を飲んでから、それだけして"だとし、"ご飯食べて、お酒を飲むと、好きなんだ"と述べ、集安を慌てさせた。

'私のおじさん'は人生の重みを持ちこたえながら生きていく人々がお互いを通じて人生の意味を探して治癒していく物語。毎週水、木夜9時30分に放送され、国内放映24時間後、毎週木・金夜9時45分tvN、アジアを通じてシンガポールとマレーシアでも放映される。

スポンサーサイト
Posted by まりあんぬあしゅー on 13.2018   0 comments   0 trackback
Category :ドラマ情報

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/38295-e44ca95a

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR