FC2ブログ

「ドラマ王国」MBC、評判顔負け2018視聴率

0000371305_001_20180413072414705.jpg
「ドラマ王国」MBCの評判が無色である。 今年新たに始めたMBCドラマが視聴率で苦戦を見せ物足りなさを増している。

去る9日放送されたMBC月火ドラマ「偉大な誘惑」17、18回は、それぞれ1.8%、1.6%(ニールセンコリア、全国基準)の視聴率を記録した。 これは昨年20世紀少年少女」が記録した視聴率1.8%より0.2%ポイント低い視聴率でMBCドラマの中で最も低い視聴率である。 また、歴代地上波ドラマ最低視聴率であるKBS2「マンホール」の1.4%より0.2%ポイントの車に過ぎない記録だ。

ドラマ「手をぎゅっと握って、沈む夕日を眺めてみよう」(以下手をぎゅっと握って)の状況も良くない。 去る11日放送された「手をぎゅっと握って」13、14回は2.9%、3.7%の視聴率を記録し、同時間帯ドラマの視聴率3位に留まった。 「手をぎゅっと握って」は初放送以来、継続して一桁の視聴率を続けている。

先立ってMBCは今年1月から一ヶ月以上平日ドラマを放送休止し再整備時間を持った。 昨年のストライキの影響による生産の空白を埋めるための時間の後、新しい作品と一緒に野心的な戻ってきた。 20代のいきいきとした愛と、最近注目されているスターに浮上したウド丸、赤のベルベットジョイが主演を引き受けた「偉大な誘惑」、約4年ぶりに復帰したハン・ヘジンの選択で話題になった「手をぎゅっと握って」は、MBCドラマの新しい出発を知らせる野心作だった。 しかし、両作品とも低調な視聴率を記録している。

二つのドラマの不振の理由についてされたドラマの関係者は、「トレンドとは多少距離が遠い内容が視聴者の共感を得られずいるのが大きな要因である」と伝えた。 特に「偉大な誘惑」の場合魅惑的でありながら華やかな背景の男主人公とたくましいキャンディ型女性主人公の愛の物語が繰り広げられ、これらのセリフや表現も少し現実感とは程遠いという評価を受けている。

正統メローな「手をぎゅっと握って「やはり時限付き女主人公、最後の愛を出る探しに出る彼の話を込めて、以前のドラマとの大きな違いはない。 また、配偶者がいる人が新しい愛を探すという点で、不倫の不便視線もあった。 最近ドラマのトレンドとして浮上している現実共感内容が配置されたり、緊張感あふれる展開がないという点も二つのドラマの不振の要因として挙げられている。
0000371305_002_20180413072414753.jpg
しかし、それにもこれらが示す底力の希望はある。 二つのドラマの側面によると、視聴率の面では、残念ながら最後まで劇を完了するため、撮影現場では、出演者とスタッフの両方の力を出している雰囲気だ。

ドラマ制作会社の関係者は、「視聴率の惜しいことは事実だ。 しかし、話題性があり、ドラマのファンの方々が良く見てくれて感謝する。 初めてしようとしていた話を最後までよく仕上げることができるように努力している」と伝えた。

「ドラマ王国」MBCだけ今年の成績について速断そういえば早い。 5月初放送を控えているチェ・シラ、イ・ソンジェ主演の週末ドラマ「別れが去った」と来る9月放送予定のソ・ジソブ主演のドラマ「私の後ろにテリウス」などが電波に乗る。 信じ見る俳優たちの復帰作が放送をアプヅミョ多少停滞したMBCドラマに活力を置くことができるか心配だ。 MBCは序盤の不振を脱いでお茶の間復帰スターたちと一緒に名声を取り戻すことができるか期待されている。
スポンサーサイト
Posted by まりあんぬあしゅー on 13.2018   0 comments   0 trackback
Category :ドラマ情報

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/38292-ade0dbd3

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR