FC2ブログ

イ・ユビ-イダインが越えなければならない'母キョン・ミリ'という山



俳優として活発な活動を繰り広げているイ・ユビとイダイン。依然として彼らに、母キョン・ミリという山は高い。 

代表的な'美女姉妹'として知られた女優のイ・ユビとイダインがKBS'黄金色の私の人生'終映とtvN'詩を忘れた君に'放送で活動時期が重なって、連日話題を集めている。最近、弟イダインが'黄金色の私の人生'終映インタビューを始めたのに続き、今月29日のイ・ユビまでtvN'人生飲み屋'に出演し、二人の名前は連日、ポータルサイトのリアルタイム検索語に一緒に名前が挙がっている。 

イ・ユビは2011年MBN'ヴァンパイアアイドル'でデビューして以来、KBS2'、世界のどこにもいないやさしい男'、MBC'クカウィソ'、'夜を歩くソンビ'などに出演しながら演技経歴を積んできた。弟のイダインも2014年のデビュー作'二十歳'を皮切りに、MBC'女性泣かして'、KBS2'画廊'、最近、人気裏に終映した'黄金色の私の人生'まで出演し、大衆に自分の名前を知らせた。 

いつのまにかデビュー8年目、5年目に入ったイ・ユビとイダイン。しかし、依然として彼らをめぐる'キョン・ミリ娘'というフレームは依然とした。数多くの芸能人2世らがそう、デビューの頃から'芸能人2歳後光'という否定的な認識と向かい合った二人は現在までも相対的に演技と、作品よりは家族の歴史あるいは母親でデビュー34年目の俳優キョン・ミリにフォーカスが集中している。 

これに対してイダインは多数のメディアとのインタビューを通じて"序盤には負担になった。私の悪口を言うことは構わないが、家族に被害が行くのが嫌だった。最近もとても家族の話に悪質な書き込みがあるが、その部分はとても残念です。実はママが見たら気が動転してではないかという心配もある"と言いながらも"これは誇りにしようとしている。こんなに母娘が同じ仕事をするということも大きなメリットだと思う。大きな祝福で良いことだと思いとしている"と話している。 

もちろんイ・ユビとイダインと自分にとって家族の名前が一緒に言及されるものがどこに嬉しくてするだろうか。自分が探した夢がちょうど母が歩んできた道と同じだっただけで、役者として成長してたい気持ちだよ彼らも他の俳優たちと違わない。実際にデビュー以降、多様な作品に出演し、自分の道を作って行っている。 

しかし、'キョン・ミリ'という三字一つだけでも他の新人俳優たちとスタートラインが違うしかないことも自明の事実だ。彼らに比べ、参入障壁が相対的に低かったに、'キョン・ミリ娘'というフレームに対する高い期待値も二人が耐えなければならないことである。 

先立って活動を開始した他の芸能人2世らが演技として親の七光りを徐々に消して出した事例があるだけに、イ・ユビとイダインても、もはやはそのまま演技として大衆に俳優としての自分の価値を証明しなければならない。特にデビュー8年目のイ・ユビは大衆に見せてくれる'一発'がさらに切実な状況だ。 

現在のイ・ユビはtvN'詩を忘れた君に'に出演、'感性財閥'物理治療師ウボヨン駅で視聴者たちに会っている。果たしてイ・ユビがドラマが終わる時くらいには今までのすべての否定的な視線を演技で覆うか、また弟イダインも高い視聴率を達成した'黄金色の私の人生'以後、視聴者たちに自分の名前を刻印させる作品に出会えるか、その帰趨が注目される。依然としてのイ・ユビとイダインは母であり、先輩'キョン・ミリ'という山を登っている。

スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 30.2018   0 comments   0 trackback
Category :芸能人家族

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/38074-9b6fbf28

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR