FC2ブログ

「推理の女王2 'クォン・サンウ・チェ・ガンヒが再び一つになった

0000628461_001_20180227065927288.jpg
KBSの最初のシーズン制ドラマ... 明日初放送
クォン・サンウ「視聴率は「リターン」すること」虫
チェ・ガンヒ「視聴者の愛が唯一の負担"

演技者クォン・サンウとチェ・ガンヒが9ヶ月ぶりに再び再会した。 その舞台は、昨年5月に放映終了し、9ヶ月ぶりにシーズン2で誕生するKBS 2TVドラマ「推理の女王」である。 演出者チェユンソクPDがメガホンを取ってキム・テウ、イダフイ、オミンソク、キム・ウォンてなどが新たに投入されたことを除いては、大きな変化はない。 地上波で主人公と製作陣がそのまま一つになったのは初めてであり、KBSでも初めての試み期第ドラマなので放送関係者の注目を集めている。

クォン・サンウとチェ・ガンヒは、最初の放送を二控えた26日、ソウル永登浦タイムスクエアで開かれた「推理の女王2」の制作発表会で、「シーズン1の撮影時から、私たち同士きた話が現実に行われてうれしい」と口をそろえた。 特に二人は今回のドラマを通じて演技力を再評価される成果を作成意味を加える。

クォン・サンウは「周りでシーズン製として途方もなく反応してくださる自分ではシーズン1から受けた愛にふさわしい様子で、恥ずかしいことなく、堂々と作品になってほしい」とし「真っ最中撮影中だが、この程度なら幸せな作業だと考えており、すでに満足している。 私はおもしろい。 残ったのは、視聴者の判断」と笑った。

チェ・ガンヒは、クォン・サンウとの「相性呼吸」を再合作することができてうれしいと語った。 彼は「クォン・サンウのキャラクターを他の人が引き受けるという想像をすることができないほど、あまりにもよく似合う。 一緒に撮影すると、気楽に臨むことができる」と述べた。 負担を与える要素を挙げると、シーズン1の時、予想以上に受けた「視聴者の愛」である。

26日開かれたKBS 2TVドラマ「推理の女王シーズン2」の制作発表会で、出演俳優たちがポーズを取っている。
左から俳優オミンソク、博餅は、キム・ヒョンスク、チェ・ガンヒ、クォン・サンウ、イダフイ、キム・テウ。
キム・ジンファン記者kwangshin00@donga.com


「推理の女王2」は、シーズン1と同様にエースであり、オタクである警察(クォン・サンウ)と推理力に優れた普通の女性が協力して捜査する話を愉快に解いていく。 変わった点は、チェ・ガンヒが演じるユソリ玉環境が変わったのだ。 シーズン2では、離婚をして警察署に正式に合流する。 毎回のエピソードごとに新しい人物(ゲスト)が出演して、推理要素も強調し、「視聴者が一緒に手がかりを解いていく構造」を掲げ。 「推理の女王」でミニシリーズ初の執筆を引き受けたイ・ソンミン作家の筆力に期待が高まる理由だ。 この作家は二人がシーズン2に出演を確定するために決定的な影響を及ぼした存在だった。

チェ・ガンヒは「ドラマを撮ってみるとキャラクターのためにストレス受けることが生じるが、この作家はそうないように、よく表現してくれる」と信頼を表わした。

自信に満ち、同時に緊張感も大きい。 クォン・サンウは16%台の視聴率で人気裏に放送中の同時間帯競争作SBS「リターン」を意識したのか」、視聴率は戻されるだろう」と笑った。 続いて「放映終了するまで視聴率が着実に上がってほしい」と期待した。
スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 27.2018   0 comments   0 trackback
Category :ドラマ情報

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/37582-edc99608

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR