FC2ブログ

一番驚きをもって迎えられた結果は

あんじぇうくそいい
なんと、「光と影」をあんなに頑張って長丁場演じた、アンジェウクしが何も受賞できなかったこと。
これは納得できない方も多いでしょう。
大賞受賞したチョスンウしがコメントでわざわざアンジェウク先輩に申し訳ないって恐縮したくらい、予想外の出来事。

☆チョ·スンウの対象よりもアン·ジェウクの関係がより驚いた。

"光と影"のアン·ジェウクが、MBC演技大賞授賞式で無冠にとどまった。 今年MBC演技大賞最大の異変だった。

アン·ジェウクは30日午後8時40分からソウル汝矣島MBC Dホールで生放送で進行された2012 MBC演技大賞授賞式で無冠に終わった。 有力な大賞候補に占われたアン·ジェウクは、最優秀賞を "魔"チョ·スンウに渡したのに続き、対象まで譲歩して、この日は何賞も受けなかった。

アン·ジェウクは、しかし、最後まで明るい姿で席を守ってチョ·スンウに拍手を送った。 初のドラマ挑戦で大賞を受賞したチョ·スンウは "大賞候補にもいらっしゃいますが、アン·ジェウク先輩に最も申し訳ないことだ"とアン·ジェウクを直接取り上げまでになった。 アン·ジェウクは、明るい笑顔で答えた。

たとえ無関係にとどまったが、今年アン·ジェウクはMBCを代表するドラマの主人公に足りない活躍を広げた。

アン·ジェウクは、なんと64部作で放送され、今年一番長く視聴者たちに愛された "光と影"(脚本チェ·ワンギュ、演出イ·ジュファンイ·サンヨプ)の主人公で大活躍した。

アン·ジェウクは主人公ガンギテに分解ショー公演団に身を置いてエンターテイナーの人生を暮すようになった男の一生をそのまま描き出して64部中主役の役割を正確にやり遂げた。

昨年11月末から今年7月初めまで放送された "光と影"は、なんと7ヶ月を超える時間棟は月火ドラマの人気を牽引して今年MBCの親孝行ドラマの役割を正確にした。 視聴率も20%を行き来して安定した人気を継続した。

元祖韓流スターとして1990年代と2000年代初めの熱い人気を集めたアン·ジェウクは、今回のドラマでの活躍と大賞受賞でまだ健在さを誇示して 'お兄さんの復活 "を発表した。 アン·ジェウクは、 "光と影"も内外で兄貴の役割をたっぷりやりこなしたはずだ。 このような彼の関係が驚くべき惜しい。
スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 31.2012   0 comments   0 trackback
Category :イベント

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/3740-3cb96f55

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR