FC2ブログ

'ラジオロマンス'ユン・ドゥジュンXキム・・ソヒョン、渉外ミルダンの終わりは'胸きゅん♥'

20180131090642b70.jpg

'ラジオロマンス'爆弾級のトップスターユン・ドゥジュンが結局、渉外の女神キム・・ソヒョンの手を握った。 

30日に放送されたKBS 2TVの月火ドラマ'ラジオロマンス'(演出ムンジュンハ、ファンスンキ、脚本チョンユリ、製作オルバンワークス、プルロシスメディア)2回では激しい渉外駆け引きの末にラジオサブ作家ソングリた(キム・・ソヒョン)がトップスタージスホ(ユン・ドゥジュン)に一本勝ちをした。ラジオを愛する彼女の心満ちた正攻法入れるのは守護の心を動かした。 

まず、同日、明らかになった守護の胸の痛む家庭史は、台本がないすべての見知らぬことを敬遠する指数号のクールな男性を説明した。幼い日の誕生日、"私は君の、産みの母親がない。息をすることも私に被害が生じないようよくしなければならない"と言うナムジュハ(オヒョンギョン)の下で本当の顔を失ったまま、日常生活まで作られた台本通りに育ってきた守護。彼は'偽の顔'で笑うだけだと知っている、泣くこともできず、さらに、睡眠薬がないとまともに眠ることもできないドライな生活を買う男だった。

そしてソングリさは心をたっぷり入れた正攻法でジスホをラジオ世の中に引き込むために最善を尽くした。守護が撮影現場で代役を自任する足首まで痛めた自分を家に連れてきて"これでトゥンチジャ。明日から訪れていな"と懐柔し、ひいては"ラジオなんかしない"、傷つける言葉を吐き出す彼の態度にも絵は放棄を知らなかった。

渉外の女神を強くしていく無限肯定と根気にはこれをはねられてくれる人たちがいた。"ラジオと親しくはなかった人、ラジオと友達になるようにすること。我々みたいな人がしなければならないこと"と言う海岸(ユンパク)PD.そして"人生は三回勝負、獲得できなければ、何度も挑戦、それでもだめなら千里の道も一歩からと長期的プランを立ててまたかかってこい"と言うお母さん(キムイェリョン)と'重要なことは本気、正攻法'ということを気づかせてくれた30年目のDJ文晟祐(ムン・ソンウ)(ユンジュサン)まで。 

このように華やかではないが、暖かいラジオ世の中を気づかせてくれた人ら中身の絵は"ジスホ氏がこの門をとんとんと叩いてほしいです。一緒にしています。ラジオ"だとし、愛しているラジオを紹介したい心をたっぷり含む画像を守護に伝えた。その後、ジスホを渉外するという計画に鼻で笑いながら"指数号がラジオをする確率はお前がメイン作家になる確率よりはるかに低い"、先輩作家ララヒ(キムヒェウン)の叱咤を受けた絵の前に守護が登場。"します。ラジオ。しましょう。ラジオ"だとし、絵の手を握っていくときめきに満ちたエンディングシーンをプレゼントした。

危機の瞬間の絵の前に登場した守護のシムクンハンラジオDJの受諾と少しずつ姿を現す人物たちの物語でドラマファンを眠られなくする'ラジオロマンス'毎週月、火曜夜10時KBS 2TV放送。 

スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 31.2018   0 comments   0 trackback
Category :ドラマ情報

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/37190-8a11e70f

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR