FC2ブログ

ビッグバンの2018年、多事多難でないことを



トップ(のこぎり)アイドル グループ BIGBANGの2018年はどのようだろうか。

ビッグバンの2017年はそれこそ多事多難だった。 メンバー別で大型だったイシューが少なくなかったという点で多くのファンたちはビッグバンを注目しなければならなかった。 惜しかった点はすぐにビッグバンを囲んだ色々なイシューが良いことだけあってはいないという点だった。

ビッグバン メンバーのうち2017年大韓民国を最も熱くさせたメンバーはまさに一番上の兄TOPだった。 TOPは去る6月世間を騒がしくさせた'大麻草事件'でイシューの中心に立った。 TOPは警察、検察調査を経て法廷で執行猶予判決を受けて頭を下げなければならなかった。

当時衝撃と共に軍生活までオールストップなって今後の歩みやはり相変らずクエスチョンマークとして残っている状況だ。 ビッグバン メンバーのうち一番最初に軍生活を始めたTOPの芸能界活動中断と共に自然にGDとSOLの軍入隊で当分ビッグバンの完全体空白は続く予定だ。

GDとSOLの2017年はTOPとは違った。 GDはUSBアルバム'クォン・ジヨン'を通じて歌謡市場に大きい話題を投げてそれこそ自身のソロ活動に意味あるメッセージを伝えた。 GDのこのアルバムは加温チャートからアルバムと認められるのに成功してその価値も高めた。

SOLは2才年上女優ミン・ヒョリンとの結婚の便りと軍入隊の便りを同時に伝えて驚きを伝えた。 結婚と入隊の便りが他の見方をすればビッグバンとSOLファンたちには喜ばしくない便りであることもあるだろうが、大韓民国を代表するアイドル グループのメンバーとしてこの二つの便りは粉面すべてのファンたちを微笑を浮かべるようにして、首を縦に振るようにするほどであった。

VIとDLightやはり自ら各自の領域でソロ歩みを継続した。 VIは個人事業に熱中しながらも日本映画に出演して延期(煙、演技)にも飛び込んだ。 ただし一部海外媒体で伝えられた艶聞説は'玉の瑕'であった。 DLightは日本主な都市を回ってソロ ツアーを成功裏に終えて日本国内での位置づけを広めていく姿だった。

もうビッグバンは2017年の最後の日ソウル、高尺(コチョク)スカイドームで開いた話コンサートで一年を終える。 去る30日に続きビッグバンは31日'BIGBANG 2017 CONCERT IN SEOUL'をソウル、高尺(コチョク)スカイドームで開く。 

惜しくもTOPこの舞台でファンたちに向き合わなくて4人だけに舞台に立つ。 これらは約3時間の間ビッグバンという名前でファンたちと交感する。 

2018年にはビッグバンというチームの完全体活動は当分見ることができないようだ。 2018年にはぜひビッグバンの良くないことで多事多難でないことを望む。

スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 31.2017   0 comments   0 trackback
Category :KーPOP

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/36675-3645e787

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR