FC2ブログ

‘黄金の光’家族+社会+成長、視聴者を動かした共感要素

送年特集‘黄金の光私の人生’が描かれた。

30日放送されたKBS 2TV送年特集‘黄金の光私の人生’にはドラマの観点ポイント、そして出演陣のビハインドが伝えられた。

201712302108367536876_20171230210807_01_20171230224720996.jpg
34回の間はやいストーリー展開を見せた‘黄金の光私の人生’はこの日送年特集を通じて去る回送をじわじわ予想して与えた。 まずドラマに隠れた反転ポイントが紹介された。 反転1は25年前失踪したことと分かったヘソングループの娘チェ・ウンソクが生きているという点だった。 すべての事件の発端であり全く違う人生を生きていた書誌案(シネでは方)とチェ・トギョン(パク・シフの方)が一戸で生きることになった契機でもあった。 二番目反転は失踪した娘が生きているという点であった。 両未定(キム・ヘオクの方)がチェ・ウンソクで書誌案を指定してヘソングループの娘で入城させた。

ここで三回目反転が描かれた。 すぐに書誌案が偽娘というもの。 頭も良くて、才能もあったが余裕がない家環境に学業をあきらめなければならなかった書誌案に今でも機会を与えたかった両未定が呼び起こした元に戻すことはできない嘘だった。 四回目反転は死んだように消えてしまった書誌案だった。 根こそぎ揺れてしまった人生に書誌案は衝撃を受けて突然に正体を隠すことになった。 しかしソン・ウヒョク(イ・テファンの方)が書誌案をかろうじて捜し出してシェアハウスに入ってくることになった。 四回目反転は天使表ソ・ジス(ソ・ウンスの方)の変身だった。 一生気を許して生きてきた書誌案に対する背信にソ・ジスは冷静な姿を見せ始めた。

家族劇を抜け出してリアルな社会を描いている点も再照明された。 書誌案は現実に不平を言わないで努力で一貫してヘソングループの正規職に無事に到着することを望んだ。 しかし正規職転換の代わりに書誌案に伝えられたのは友達ユン・ハジョン(白書この方)の入社の便りだった。 別れのあいさつさえ拒否された書誌案はインポデスクにまかせた荷物を持ってネチョッキドゥッ会社を出なければならなかった。 そうかと思えばデパート アルバイト途中不当な理由で顧客の前にひざまずかなければならなかった。 長男書誌テ(イ・テソンの方)は貧困をなって飽きるということとしたくなくて長い間の恋人履修(パク・ジュヒの方)との結婚を迷うこともした。

出演陣はベスト名場面を選ぶこともした。 シン・ヘソンは落下傘で入社した友達ユナ正果肉弾戦を行った報復を挙げた。 ソン・ウヒ駅のチョン・ソヨンはソ・テスが書誌案に向かって頭の上に大きくハートを描くとみられる場面を選んで“複合的な感情の悲しみだった”と打ち明けた。 ソ・ウンスはヘソングループに行くことにした書誌案と戦う場面を、イ・テファンは逃げてしまった書誌案を探しにソン・ウヒョクが海辺を訪ねて行った神(靴)を挙げた。
スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 30.2017   0 comments   0 trackback
Category :黄金の光私の人生

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/36663-4d068b43

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR