FC2ブログ

"座るがソナ台本熱工業"...'チョグルロス',現場にNGがない理由

0003688416_001_20171229110948974.jpg
‘チョグルロス:秘書’ペク・ジンヒ-チェ・ダニエル-カン・ヘジョン-イ・ウォングンが熱血学究熱を燃やしている台本三昧現場が公開された。

ペク・ジンヒ-チェ・ダニエル-カン・ヘジョン-イ・ウォングンはKBS2月火ドラマ‘チョグルロス:秘書’(脚本静か/演出キム・ジョンヒョン)でそれぞれ‘空がおりたオーダーメード型サポーター’と認められる秘書チュァ・ユンが駅、YBアド映像事業部常務であり徹底的にベールに包まれた古代美術品のような男ナム・チウォン役、15年目専業主婦でスポーツ事業部理事ファンボ率の秘書で就職に成功したワン・ジョンエ役、天才(天災)とバカの間を行き来する反転魅力を持ったファンボ率役を担って熱演を広げている。

これと関連してペク・ジンヒ-チェ・ダニエル-カン・ヘジョン-イ・ウォングンなど‘チョグルロス軍団’俳優が厳しい寒さにもかかわらず、手で台本を置かないで台本熱工業モードに陥っている姿が捉えられて視線をひきつけている。 4名の俳優が時と場所を分けないで完ぺきな場面を作り出すために万全を期していること。 これによって静か作家特有のピョンピョンはねるロマンチックな大使とコミカルさを200%生かして視聴者たちの熱い呼応を引き出している。

先にペク・ジンヒは劇中秘書の苦衷と哀歓を現実感あるように描き出すということと同時に保身を図らない胸が痛いコミック演技を披露している状況. ペク・ジンヒは劇を引っ張っていっている主人公だと見ると大使と分量が多くて、休み時間も返却したまま台本を見てキャラクター研究にまい進する姿で現場の手本になっている。 また、チェ・ダニエルは限りなく真剣なながらも時には親しい姿を持っているナム・チウォン役をそっくり表現やり遂げるための努力を惜しまないでいる。 撮影会場一方で台本を持って大使と指紋を几帳面にチェックするなどディテールを生かすために小さい手ぶり一つまで気を遣っている姿で現場を熱い雰囲気にしている。

カン・ヘジョンは卓越した台本消化力でスタッフの驚きをかもし出している。 徹底した準備性によりカン・ヘジョンの撮影にはNGが殆どないほど。 カン・ヘジョンは撮影直前台本を調べて感情をぐっとつかんで役割に没頭するなどキャラクターに対する愛情を精一杯表わしている。 イ・ウォングンは唯一愉快ないたずらと冗談を投げかける場面が多いだけリアルな面白味を生かすために格別な努力を傾けている。台本を見て相手方とさらにおもしろい場面を作り出すために意見を交わすかと思えば、代謝するか、指紋下やのがさないようにする情熱あふれる姿で撮影会場に活力を吹き込んでいる。

製作スタッフ側は“ペク・ジンヒ、チェ・ダニエル、カン・ヘジョン、イ・ウォングンをはじめとする‘チョグルロス:秘書’のすべての俳優は台本がぼろぼろになるほど台本を研究して自身のキャラクターを分析して完成度高い場面を作り出すために昼夜を通して努力している”として“熱心に最善を尽くして撮影中である俳優に多くの愛と応援お願いする”と明らかにした。 来年1月1日午後10時放送.
スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 29.2017   0 comments   0 trackback
Category :ドラマ情報

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/36644-eb11912f

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR