FC2ブログ

家族取りまとめたMnet…'プロデュース48'広報はおまけ

0002733637_001_20171130073406016.jpg

'アイドル学校'から'プロデュース101'まで授賞式にMnetプログラムが総出動した。 2018年間にプログラム ローンチ ティーザーまで公開して広報の場を開いた。

29日日本、横浜アリーナで‘2017 MAMA in Japan’が進行された。 ‘MAMA’は総合コンテンツ企業CJ E&Mが主催する授賞式で、今年は一日授賞式でないウィーク(WEEK)に拡大してベトナム、日本、香港で開催される。

初めての授賞式生中継であった‘2017 MAMA in Japan’ではエクソ-チェーン干し柿、セブンティーン、トゥワイス、追い立てたスターエックス、ワーナー院など国内アーティストらと日本の国民ガールグループAKB48等が舞台を整えた。 韓日スターが総出動して席を輝かせた。

特にワーナー院とIO子供活躍が引き立って見えた。 Mnet 'プロデュース101'シリーズを通じて誕生したプロジェクト グループで、新人賞受賞に続くコルラボ舞台まで忙しく動いた。

Mnetは去る1月シングル'夕立ち'を最後に解体したIO子供を授賞式で復活させてプリスティン イム・ナヨン チュギョルギョン・ウィキミキキム・ドヨン、チェ・ユジョン・清河(チョンハ)5人の出会いを主導した。 多くのファンたちが期待したAKB48との協同舞台はMnet 'アイドル学校'出身らと一緒であった。 団体で'ピック米'を呼んでAKB48ヒット曲まで継続した。

舞台以後には'プロデュース48'という新しいプログラムを知らせた。 2018年にも'プロデュース'シリーズが続くというティーザーで、大きい関心を得た。 ティーザーだけでも検索語に上がって広報効果を正確に見た。 授賞式以後には報道資料を出して"'プロデュース48'は国民が直接アイドル デビューメンバーを選抜する韓国'プロデュース101'システムとこの日プロデューサー賞を受賞した日本プロデューサーアキモト・ヤスシの'会いに行くことができるアイドル'をコンセプトで専用劇場で常時ライブ公演をする日本AKB48システムが結びついたプロジェクトだ。 両国単一のグローバル ガールグループが'プロデュース48'を通じて誕生する予定だ"と明らかにした。

'アイドル学校'で誕生した新人傑グループ プロミスナインは授賞式デビューという光栄を得た。 派手な照明と雄壮な舞台の上で少女の初めての舞台が繰り広げられた。 たとえ放送当時視聴率や話題性は落ちたが、授賞式で主目撃を引っ張った。 VCR映像から本舞台までプロミスナインがあちこちに登場して、顔を知らせた。

この日対象のうちある部門に該当する今年の歌上はトゥワイス'シグナル'に戻った。 昨年'稚魚アップ'で2016加温チャートをさらったトゥワイスは2年連続対象の栄誉に授かることになった。

1999年‘Mnet映像音楽対象’で始めた'MAMA'は大韓民国音楽産業の成長と共に粘り強い進化を繰り返してきて約10年余りの間国内で開催してきて2009年を基点にアジアに拡大した. 2010年からはマカオを始まりにグローバル進出、以後2011年シンガポール、2012年から2016年まで香港につながった。

今年はウィーク(WEEK)に拡大してベトナム、日本、香港で繰り広げられる。 12月1日香港レッドカーペットと見た舞台はMnetチャネルとアジア14ヶ国および地域の主なチャネルとオンライン プラットホームを通じて同時生中継されて、Mwaveを通じて全世界180個余り国でオンライン ライブで視聴することができる。

次は2017 MAMA日本受賞者名簿
▲今年の歌上=トゥワイス'シグナル'▲新人賞=ワーナー院・プリスティン▲ベストアジアスタイルin日本=エクソ-チェーン干し柿▲インスピオドゥ アチーブメント=アキモトツシ▲ベスト オブ ネクスト=清河(チョンハ)▲ベスト コンサート パーフォーマー=追い立てたスターエックス▲ベスト ダンスパフォーマンス=セブンティーン・トゥワイス▲今年の発見上=ニュイストゥW▲MWAVEグローバル ペンス チョイス=エクソ▲男歌手上=ジーコ
スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 30.2017   0 comments   0 trackback
Category :KーPOP

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/36099-83af938a

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR