FC2ブログ

テヨン交通事故、謝罪にも冷めない論議



テヨンが交通事故処理過程で芸能人特典を受けたという主張が続いた。 しかし明確な事実の有無が確認されなくて論議だけ加重されている状況だ。

テヨンは去る28日午後7時39分頃自身の車両を鶴洞(ハクトン)駅の前道路でノンヒョン駅方向で走行して先んじたタクシーに突っ込んだ。 この衝撃でタクシーがその前にあった車両と再び追突した。 この事故でタクシー乗客2人と被害をこうむった車両運転者1人など3人がケガして近隣病院に移されたが特別な外相はないと分かった。 

以後事故(思考)被害車両であるタクシーに乗っていたというAさんは自身のインスタグレムを通じて"救急隊員が加害者(テヨン)が有名女アイドルという理由なのか加害者先に焼いて病院に行こうと被害者に待てといった"と主張して芸能人特典ではないのかという論議がおきた。 

Aさんは"加害者が車から降りると私と同僚に'大丈夫ですか?'と尋ねたし私が何も言わないと私の肩を二回トントン叩いて(あたかも励ますように)再び車(茶)側に戻った"としながら"その時までも芸能人ということ知らずにいた。 テヨンということを分からなかったし若い方このリンゴの代わりに肩をたたいて気持ちが非常に傷つくことはした"と付け加えた。 

Aさんがインスタグレムに掲載した文に対して論議が起きた後消防署側が'加害者が胸痛みを訴えて先に確認した'という解明を出すとすぐに"加害者が胸が痛いことは直接痛いかと尋ねたので痛い事実を知られたでしょう? 私どもは事故後10~20分余りを外に放置されていた。 その誰もどこが痛いかと尋ねられる方なかった"と強調した。 

これに対し現場に出動したという牽引記事は媒体インタビューを通じて"テヨンは事故直後本人だけでなく被害者を心配するだけだった。 救急車近所には行くこともなかった"としながら"救急隊員はすべての事故(思考)が整理された後その時始めて芸能人であったのを確認する程度であった"と反論した。

引き続き"テヨンが公認であることは合うが一方的にこのように誤解を受けるのではないようだ。 すぐに現場にあった人として嘘をつく理由もなくなっている事実をいって誤解を解かなければならないようだ"と自身の立場を明らかにした。 

相変らず立場が互角に対立する中で該当事故(思考)のまた他の被害者だと明らかにしたBさんが9日有名ポータルサイト コミュニティに'昨日イシューなった平然交通事故被害者です'という題名で長文の文を掲載した。

Bさんは"現在のモクにギプスをして打者(タイプ)使うことが不便でまた、加害者の方が有名人だと文を載せるのかやめるがたくさん迷った。 ただし加害者の不注意によって事故に遭ってケガしたのは明らかに私どもなのに加害者の割った方々が文を載せた同僚(Bさん)のインスターグラム アカウントと個人メールで口にすることはできない悪口を言っていて文を載せることになった"と話し始めた。 

Bさんは"一番腹が立つのは私どもとタクシー運転手おじさんにその誰も先に‘どこが痛いのか? 救急車乗りなさい’と尋ねなかったし神経も使わなかったという点"としながら"かえってタクシーおじさんが本人がケガされた状況でもお客さん(私どもの)救急車に乗せて病院に連れていかなければなければならないと数回語ったが黙殺された"と説明した。

引き続き"加害者車両の周囲に多数の人々が加害者をケアと何かずっと尋ねていた"として"タクシー運転手の方が持続して消防署員と警察にお客さんだけでも救急車に乗せてほしいと要請した。 私の同僚はタクシー運転手が救急車に乗らなければならないようだと救急隊員に話したが救急隊員は‘一番後続車おられた方(加害者)先に焼かなければなりません。 次の救急車くるのでそれ乗られろといってください’と話した"と主張した。 

被害者は相変らず"事故当時と直後、そして今まで(所属会社の立場の他に)加害者からどんな申し訳ないという話は聞くことができなかった"と交錯した主張をする中でテヨンが29日自身のSNSコメントを通じて心境を明らかにした。 

以後テヨンは直接自身のSNSを通じて"心配させて申し訳ない。 記事様にはおわび申し上げたし残りの何何分は私のコンテクを望まれなかった"としながら"誤解ができて申し上げる。 もう少し組はなはだ運転する。 心配及ぼして申し訳ない。 もう少し運転に注意する"と明らかにした。

共に生きるではないことらと悪性デマに対しては対処をするという立場も明確にした。 それでも相変らずオンライン上では甲論乙駁が繰り広げられている状態だ。

20171129210711876.jpg
スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 29.2017   0 comments   0 trackback
Category :トラブル

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/36096-d466a89c

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR