FC2ブログ

ファッション王 9、10話

相変わらず主演4人のうち、ガヨン以外の3人の心理がわかりづらい。それぞれの複雑な心境を洞察、推察する楽しみを与えられてるってことかしら。
それにしても、仕事も恋も思うにまかせずヨンゴルにやられっぱなしの御曹司ジェヒョクがあまりにも哀れ(;O;)

アメリカの有名デザイナー、マイケルに送ったサンプルが認められ渡米して正式に契約することになったヨンゴル。ガヨンとアメリカに赴くが、そのことを知ったジェヒョクは後を追う。支社にガヨンの滞在先を探らせ、出張と称して偶然を装い再会。帰りの飛行機もガヨンたちに合わせる。
エコノミーにいるガヨンをファーストの自分の隣に呼び出すが、二言三言交わしたらとっととヨンゴルの隣に戻るガヨン。

上り調子のヨンゴルの邪魔をしようと出資者や工場の大家をそそのかして資金繰りを苦しくさせるジェヒョク。
何かというとガヨンを呼び出しデザイナーとしての腕も買っているジェヒョクにプライドを傷つけられたアンナは「もう愛していない」からとプロポーズを受けたにもかかわらず、別れを切り出す。
そのアンナもジェヒョクとの仲をヨンゴルに相談。話し相手を求めるようにちょくちょく呼び出してはガヨンを悲しませる。

アンナはジェヒョクに逆らうようにヨンゴルを助けるため、ガヨン元師匠チョマダムにヨンゴルとの提携を提案。マダムは勢いに乗って世界に進出しようとしているヨンゴルとの提携を本気で考え自分から向上に赴く。

かつて、親の店を奪い10年間こきつかわれ、さんざん自分を傷つけたチョマダムと手を組むことだけは絶対に反対のガヨン。ヨンゴルに訴えるが、ヨンゴルはガヨンの機嫌をとりつつも意思を曲げるつもりはない。
その上アンナの呼び出しに喜んで従うヨンゴルの姿を見るガヨンはもはや絶望し、ヨンゴルのもとを去ろうと、置手紙を書いているそのとき、アンナを捜してジェヒョクが現れる。

再度「こんなボロ工場でいつまで働く気だ。ヨンゴルから離れろ」と詰め寄るジェヒョク。そこに「俺の従業員だ」とヨンゴルが帰ってくる。

ガヨンは「俺の」と言ってくれたヨンゴルのもとにとどまるのか、思い切ってジェヒョクの手をとるのか。
一度ヨンゴルから離れてほしいなー。

ヨンゴルは昔、チョマダムがガヨンからとりあげたペンダントを取り戻してあげているんだけど、ガヨンはそのことを知らないまま。
いくどかそのペンダントを取り出してはガヨンに返そうとするそぶりは見せるものの、その都度タイミングを失うヨンゴル。
ヨンゴルにとってガヨンはどんな存在なのか。ガヨンは「恩人であり、家族のような社長」と感謝しているし、愛しているけど。
思わずガヨンからキスしたときも動じたものの、受け入れないし。

ヨンゴルとジェヒョクは虫が好かない相手同士、互いへの意地からアンナとガヨンをもてあそぶ結果になってる気もする。男たちの勝手なプライドで振り回され傷つく女性たち。
4人ともが救われるときは訪れるのかしら。
スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 22.2012   0 comments   0 trackback
Category :ファッション王

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/3587-7507c26d

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR