FC2ブログ

星も月もあげる 82話

視聴感想をおサボリしている間に、あれよあれよと事態は急展開。
川に溺れるチェウォンを助けようとしたミニョクが意識不明の重体で入院。ジヌの看護のもと目覚めるが、ショック療法よろしく、昔の失くした記憶が戻っていた。

会社の危機、ミニョクを陥れ、会社を自分のものにしたい叔父の陰謀は相変わらず続くが、話の中心はミニョクの出生に移ってきた。
記憶をたどっていきついた先はジヌの家、すなわちチェウォンの嫁ぎ先。養子とはいえ苦労した暮らしを忘れ、セレブな育ちのミニョクにはいつもお金に困っているような庶民のジヌ家が生まれたところだとは、到底受け入れがたい。
父の顔もジヌ父だと思い出したものの、衝撃のあまり誰にも言い出せない。
会社の下請け工事を請け負って常に自分にこびて下手に出ていた人間が父親だったとは。
信じたくない思いだが、DNA鑑定結果も親子であることを示していた。

一方、提出していた不明家族捜査のための鑑定結果が出たと連絡を受けたジヌが赴くと、行方不明の兄の名前は、ミニョクだと告げられ驚愕。
ところがそれ以上の情報は本人の希望で明かされないことがわかる。兄、ミニョクが実の家族を捨てた、そう感じたジヌはチェウォンにミニョクだとは告げず「兄さんが会いたがらない」と悩みを打ち明ける。
逆の立場のチェウォン。「父も兄の実の親を探してみたけど、私は分からない方がうれしい。でも会いたがらないってことがあるかしら」とジヌを慰める。

ジヌは父の誕生日に訪れ深々と父にお辞儀をしたミニョクを思い出し、ミニョクも気づいていると思う。
「義兄さん、酒をおごってください」とミニョクに電話。ミニョクは避けようとするが、結局ジヌのいるお店に足を向ける。
お互いに真実を伏せたまま、探り合うように語る二人。

ある日深酔いしたジヌが思わず代行にジヌ家の住所を告げ到着したとき、ジヌに見つかり否定するものの、ジヌは実兄だと信じるミニョクに「ソ・ジンホを知っていますか?」と兄の名前をぶつけてみるのだった。

会社の企業秘密を持ち出した犯人、叔父とギョンジュを告発せずかわらずに働かせていることに納得がいかないわ。
以前の勢いは落ちたとはいえ、相変わらず大きな顔をして当たり前のように仕事しているギョンジュと、まだそんなギョンジュをあきらめきれないように思いを残しているミニョクが不快だわ。

ミニョクが実家が貧しいからって素性を明かさないのは分かる気がするけど。
スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 22.2012   0 comments   0 trackback
Category :星も月もあげる

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/3586-8f7b4f96

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR