FC2ブログ

ムン・グニョン、"長靴、紅蓮→有利定員"…18年演技人生穴ないフィルモ 



穴ない演技力にスクリーンとブラウン管を行き来して渾身の熱演を誇ったムン・グニョンが新作'有利定員'でミステリーある科学者で分解風変わりな延期(煙、演技)変身をリリースして話題だ。 

演技経歴18年目俳優ムン・グニョンは多様な作品で硬い演技力に観客の愛を受けた。 初めてのスクリーン主演作品である映画'長靴、紅蓮'で秘密の少女‘首尾’で鳥肌が立つ演技を披露して第24回青龍映画祭新人女優賞候補に上がる快挙を成し遂げた。 以後コメディ、ロマンス ジャンルの映画はもちろん時代劇と現代劇など多数のドラマに登場して堅実な演技内面空白を確かめた。

去る2008年ドラマ'風の花園'でSBS演技大賞大賞を受賞して放送3社をあわせて歴代最年少大賞受賞者で記録された。 2010年ドラマ'シンデレラ姉さん'は毎場面光る演技力に話題を起こしたし、2015年映画'使徒'では短い登場でも深い印象を残して観客の視線をひきつけた。 

映画'有利定員'で2年ぶりのスクリーン復帰を知らせたムン・グニョンはその間見たことない風変わりなキャラクター演技を披露する予定だ。 '有利定員'はベストセラー小説にからまったミステリー一事件、そして悲しい秘密を描いた作品だ。 単独で林の中の有利定員で葉緑体を利用した人工血液を研究する科学者をのぞき見して抄録の血が流れる女性に対する小説を書く無名作家の小説がベストセラーになって世の中に明らかになることになる衝撃的な秘密を扱うという内容は久しぶりに会うwell madeミステリー ドラマの誕生を知らせる。

ムン・グニョンはミステリーある科学者であり自身が木で生まれたと信じる神秘な女性‘再演’で完ぺき分解好奇心を刺激する。 これまでの空白期が面目を失う程一座を圧倒する強烈な目つきと特有の純粋で夢幻的な姿で作品の中でどんな演技をするのかすでに期待を集める。

今年釜山(プサン)国際映画祭開幕作に選ばれた'有利定員'はカンヌ、ベルリン国際映画祭で受賞したシン・スウォン監督がメガホンを取って韓国映画でめったに見ない独歩的な素材と独創的なストーリーをリリースする。 ムン・グニョンと共にキム・テフン、ソ・テファなど演技派俳優が現実的なキャラクターを延期してドラマ的な面白味を伝えて、こまかい展開で緊張感を継続してミステリー一事件で最後まで気がかりなことを増幅させる。

映画の中背景になる森の風景が吹き出す夢幻的な雰囲気とこれをカメラに塀は流麗な映像の感覚的なミジャンセンで完成度を加えた。 特に多くの意味を内包した共感行く主題は濃い余韻と共にヒーリングを伝えて観客をひきつける予定だ。 来る10月25日封切り.

スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 29.2017   0 comments   0 trackback
Category :俳優

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/34980-0390b98c

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR