FC2ブログ

放映終了D-day '王事',ジャーン私のウォンサルリは…エンディングは'花道'そうでしょう? 



'王は愛する'イム・ユナが命を失う危機に置かれた。 続く試練を経ている彼を臨時ワン、ホン・ジョンヒョンが救い出すことができるだろうか。

18日午後放送されたMBC月火ドラマ'王は愛する'では王院(臨時ワンの方)と超リン(ホン・ジョンヒョンの方)が消えた銀山(イム・ユナの方)を探しに出る姿が描かれた。

この日王院と超リンは刃物をねらって対立した。 王院は"あなたが願ったのが跡継ぎ席だったのか"として"直ちに私の目の前から消えなさい"と命じた。 引き続き"今回は私を見なくても良い。 日切れると切って、王になれ"として刃物をねらったし、超リンも彼に向かって刃物を選んだ。

だが、超リンは内心"君はいつもそんなに不安だった。 そのような君を置いてもう離れなければならない。 申し訳ない。 私の友"と話して刃物をおろしておいたし、力なくワン・ウォンウイ刃物にささった。 王院は刃物を避けて自身を攻撃することができた超リンが刃物に合うとすぐに混乱に陥った。

銀山は涙を流して超リンに走って行ったし、寝所に移して世話した。 銀山は気を失った超リンに"わざわざそうしたでしょう。 死ぬ程切らないということを分かるので"として惜しんだ。 倒れた超リンを置いて議員は危険な部分は避けたが大きい血管を切ったと診断した。

ワン・ウォンド衝撃で簡単に抜け出ることができなかった。 彼は"私が切ろうとする時彼は避けなかった"としながら"いったいなぜそうしたのだろうか"と確かめ合った。

王院は超リンの状態を見るために彼を探したし、銀山とあった。 二人はその間できなかった話を交わすことになった。 王院は銀山のお母さんの死に関連して自身の誤りを告白した。 これに対し銀山は"私を近く置いたのが誤りだった"として"よく守ってきた心を私が開くようにした"と話して申し訳なかった心を告白した。

引き続き王院に超リンが書いた手紙を渡した。 手紙には"跡継ぎ低下、彼らに主君は誰でも関係ありません。 ただし自分たちが思うままにしなければならない君主が必要なのです"と書いていた。 引き続き"力を育てた主相伝するが過度に聡明な低下を除去しようと思います。 引き続きあの同じ甘い者を王でたてようとします"と伝えた。

最後に"このような私が低下の女性を恋慕しました。 あるいは命を持ちこたえることになるならば離れることを許諾してください"という文が含まれていた。

翌日銀山は超リンが目覚めるのを確認した後"7年後に跡継ぎ低下のそばにいらっしゃれば帰ってくる"という話を残して離れた。

離れる前ワン・ウォンド会って最後挨拶をした。 "私が跡継ぎであることを知らなかったとするなら今私たちはどうだったのだろうか"というワン・ウォンウイ話に"分からなかった時や分かった時や全く同じです。 たくさん好きでした。 初めにはお二人様私が一生持ってみることができない友なので私も挟まりたかったです。 ぜひ降霊してください。 私が受ける方法を分からなかったです"と話した後抱きしめた。

彼が消えたという事実を知ることになった王院と超リンは不安だということを吐露した。 引き続き彼を探しに出たし、その間銀山はソングである(オ・ミンソクの方)に拉致にあった。 ソング人は王団(パク歓喜の方)までおびき出したし、二人を束縛して毒が入った水を渡した。 ソング人は"二つのうちに1人は人質になることで、他の1人は無比が作ったドク茶を飲まなければならない"と脅迫した。

銀山は基地(機知)を発揮して"世子嬪ママがこの水を召し上がらなければならない"としながら"次の生には姉妹に生まれれば良いだろう"という話を残した。 引き続きソング人がしばらく一目を版の間に水杯を交換した。 だが、ソング人は"のように飲もう"と提案したし、銀山は"その間あふれるように愛を受けた"と独り言を言った後ドク茶を飲んだ。

放映終了までただ一回だけを残した'王は愛する'. その間主人公の胸が痛いラブストーリーがジャーン出す誘発した中でイム・ユナが生死危機に置かれて、また、一度残念にした。 臨時ワンとホン・ジョンヒョンがイム・ユナを救い出せるか、三人が愛と友情をみな成し遂げられるか期待が集まる。

スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 19.2017   0 comments   0 trackback
Category :王は愛する

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/34796-19b74d85

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR