韓流スターもスタッフも一番恐ろしい彼の名前"ファン" 



俳優イ・ジョンソクが去る11日自身のSNSに文を書いて大変な苦労をしました。 ファンミーティングを指折り数えるファンたちを配慮する気持ちで二三の少ない文であったのに、所属会社YGエンターテインメントに対する不満が感じられる語彙があって問題になったのです。

イ・ジョンソクは“ファンミーティング待つファンたちが多いそうで┬┬. 短く。 ファンミーティングを計画をしてはいたがですね。 ワイジが各チームがあまりにも自負心がすごくて自尊感も高いが疎通にならない関係で。 公演チームと公演内容の異見があって外部で演出を入れるのに時間を誘って取って食べてもしかしたら今年は渡すべきかも。 お待たせしてすみません。 最大限はやく公示しますね!”といいましたが。 率直さを越えて不満が感じられる語り口だと見ることができます。 これに対しYG側では“完成度高いイ・ジョンソク プライベート ステージを準備するために全部最善を尽くしています。 最上の結果をお見せするための一連の過程で彼が長く待ち望んだファンたちに理解を望む気持ちであげた文です。 イ・ジョンソクの暖かい心を推し量って下されば有難いです”と立場を伝えました。 このためにイ・ジョンソクは所属会社に向かって刃物を狙ったが、所属会社はイ・ジョンソクをただ包み込もうとするのかしたい残念な視線と非難の声があふれました。

しかし今回のハプニングは俳優と所属会社の葛藤でなくこれらが最も意識する対象がファンという事実に問題の核心があります。 イ・ジョンソクをあえて肩を持つつもりはないですが、何年の間記者として新人俳優で韓流スターに成長したイ・ジョンソクを見守った経験では普段のとおり加減なしに話す姿であるだけ今回のSNS文が確実に所属会社に不満を吐露するのではないことができるという考えがかすめます。 代わりにイ・ジョンソクの文でかえってファンたちの心を見回すのに戦々恐々とする心が伺えて、そのためにYGも“イ・ジョンソクの暖かい心を推し量って下されば有難い”としたことで見えます。 

事実ファンたちの顔色を見るのに不安である韓流スターとスタッフはただイ・ジョンソクとYGだけでありません。 この前にある韓流スターの広報を引き受けていたスタッフは長い間の悩みの末に会社を止めました。 芸能界で広報業務を引き受けた歳月が十何年だが、韓流スターの広報を引き受けて過激なファンたちのうるさくて苦しめられてついにことをたたむことにしてしまいました。 また他の韓流スターの広報担当者は真心がこもっているファンたちの度が過ぎた反応と要求に両手頭髪みな持って、このような事実を俳優に直接伝えたそうだ。 この俳優は“ちょっとひどいということは分かるがどうすることはできない。 君がもう少しこらえてほしい”と要請をしたといいます。 俳優も自身の力が結局ファンたちから出てくるという事実を知るのでファンたちの顔色を見ているという内心を表わしたことなのですが。

ファンがあってスターになることができることであるからファンたちの顔色を見るのが当然です。 また、ファンの立場では“私が育てたスター”という考えにより一層愛着があって所属会社やスタッフに堂々と“真っすぐ仕事をしなさい”と指摘することになるかもしれません。 ところでいくら芸能界が粗末で容易に見えても韓流スターぐらいの人の所属会社やスタッフのうちにファンたちの非難で胸がメッタ切りされる程熱心に仕事をしない人はないようです。 下痢イ・ジョンソクが所属会社何かのせいにしたものといってもこれはファンミーティングを延期しなければならない状況にファンたちの顔色を見てすることになった弁解と見えます。 ファンたちの顔色を見て卑怯なのはスターの姿を見るのがファンたちが望むところではないでしょう。

スポンサーサイト
Posted by まりあんぬあしゅー on 13.2017   0 comments   0 trackback
Category :俳優

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/34208-f76d479a

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR