‘王は愛する’吹き荒れた60分…緊張の連続

0001159893_001_20170808080138647.jpg
‘王は愛する’が予測不可能展開で‘宮はい不可ドラマ’に登板した。特に臨時ワン、イム・ユナ、ホン・ジョンヒョン三人の間のきっ抗したテンションと息子のために本格的に動き始めたチャンヨンボロ及ぼした存在感が視聴者を引き寄せて吸入力を上昇させた。

去る7日放送されたMBC月火特別企画‘王は愛する’(製作ユストリナイン、監督キム・サンヨプ、作家ソン・ジナ) 13,14回では怨念の声公州(王女)(チャン・ヨンナムの方)が主管するチェ・リョン会で美しい思い出を作る王院(臨時ワンの方)と銀山(イム・ユナの方),超リン(ホン・ジョンヒョンの方)の姿が描かれた。 これと共に息子ウォンのために世子嬪選別と工女抽出を準備する怨念の声公州(王女)の姿が入れられて緊張感をかもし出した。

リンは山の停滞(正体)を知っていることを明らかにして彼に願わない婚姻をするなと求めた。 これに対し山は“要請があるけれど.. 明日追憶するが作り出せるようにそのようにしてください”としてウォンに秘密にするのを求めた。

チェ・リョン会当日、リンは山を連れて拝見したしウォンは山を発見とは目を離すことができなくて見る人々をときめくようにした。 トゥダッコリミョンソもさっとさっと飛び出してくる原義真心は女心を狙撃した。 “考えたことよりはさらにきれいで”として山の顔をじっと眺めたり頭装飾を直接さす姿は多情多感な愛屋の姿だった。 また“やはりよく似合うよ小鳥を数を数えてほしいといった”としてプドゥテハミョ作る微笑は心どしんとを誘発した。

ウォンと山はパートナーになって縁列を縛って解いてソッテ(鳥竿)踊ったし、リンは遠くからその姿を切なく眺めた。 美しくて凄然なウォンと山、リンの姿と共に“歳月が流れて遠い後日顧みるのでこの日全てのものが始まった。 私自身よりさらに信じた脱いだ私をだまし始めたし私の女性と私の間には渡ることはできない川が流れ始めた。 私の生涯ただ一つだけの友であったしただ一つだけの女性だった。 遠い後日振り返ってみるのでこの日私は何も知らなくて私だけ何も知らなくて笑ってイソッタ”という原義ナレーションが流れて心を詰まって感じでよく聞こえなくした。 同時にチェ・リョン会以後どんなことが繰り広げられるのか劇に没入させた。

山はウォンに“倒れずに長さ(道が)アンマンすべりやすくても”として最後の要請を伝えた。 これは‘注目抱擁’を思い出させたし、これ以上自身がウォンの前で彼を抱くことができないという山の心を表わして遺憾をかもし出した。 山の婚姻に対して夢にも分からないウォンは“頭陀山(トゥタサン)馬に乗って行けば半日もかからないで何の別れをそんなに悲壮にして”と話して山の悲壮な要人をいぶかしがったし、同時にリンの行動やはり怪しいと考え始めた。 ウォンは護衛武士にリンの行跡を調査しろと命じたし,続いて“私に隠しているようだからずっと知らないふりをしなければならないことでひとまずそれが何かは分かって”として鋭い目つきを輝かせた。

チェ・リョン会で三人の男女の運命の赤い糸が絡まる間、怨念の声公州(王女)は息子原義安全と危機のために動いた。 怨念の声はウォンに勢力がなくて大臣たちに無視されていると考えて力がある家の娘を世子嬪で合う計画をたてたし、チェ・リョン会に参加した王族と貴族子弟(自制)を注意深く見た。 また、ウォンに威嚇になる存在である‘捜査工業ワン・ヨン(キム・ホジンの方)の家’を牽制するためにワン・ヨンウイ末娘である王団(パク歓喜の方)を元国に工女に送ろうと準備した。 チェ・リョン会に参加したタンを別に呼んだ怨念の声はチュ局長で彼を連れていった。 そこには工女抽出を避けようと数を使って捕えられたこれらのひどい拷問にあっていた。 怨念の声はこれをタンに見せて工女抽出を避けようとするなと背筋が寒くなった警告をして見る人々を鳥肌出るようにした。

一方リンは山と自身の兄である超戦意婚姻を防ぐために動いていた。 7年前ウンギョンバック夫人の死に王戦が関連あることを明らかにして婚姻を防ごうとしたがリンの計画のとおり簡単に解けなかった。 単衣工女抽出を知るようになったし、超頴果王前は家の傾斜(慶事)である婚礼で単衣工女抽出を避けようと思った。これによってより一層早く銀山と超全(前)の間に婚談が進行された。 婚談が進行されれば益々山に向かったリンの片思いはより一層大きくなった。 リンはチェ・リョン会が終わった後ウォンに秘密を守って有難いと話していた山を思い出させた。 山は“その人が今後もずっと分からなかったらいいですね知らずに過ごしてそんなに忘れたらいいですね”としてウォンが自身の停滞(正体)も心も分からないまま全てのものを忘れて幸せだったら良いというウォンに向かった切ない真心を表わした。 ウォンだけは自身の婚礼と状況に対して分からなければという山の心がもう一度あらわれて視聴者たちをかっとするようにさせた。 また、ウォンを心配する山の一言一言に心の中で自身に対して尋ねるリンの内心もチャンネをかもし出した。

何より14回エンディングは見る人々の口で弾性を出てくるようにさせた。 山と超戦意納采である当日、行跡を隠してから六日ぶりにウォンを訪ねてきたリン. 引き続きウォンは納采が進行されるウンギョンバックの家に現れた。 ウォンは“何か釈然としない隈がありますので。 御馬ママももう少し調べてみなさいして”と話した後新婦になった山が前に立ち止まって見る人々を驚かせた。
スポンサーサイト
Posted by まりあんぬあしゅー on 08.2017   0 comments   0 trackback
Category :王は愛する

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/34124-d8191c09

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR