‘河伯の新婦’ナム・ジュヒョク“シン・セギョンと生きたい”…チョン・スジョン爆発

201708080007167708466_20170808000728_01_20170808000859947.jpg
チョン・スジョン夷暴走した。

7日放送されたtvN月火ドラマ‘河伯の新婦’(演出キム・ビョンス/脚本チョン・ユンジョン) 11回には自身の中の暗い影を恐れる後えい(イム・ジュファンの方)の姿が描かれた。

後えいは自身が危うく小児(シン・セギョンの方)を破るところである状況に過去の暗い記憶を再び持ち出した。 週かかった(今月型の方)に後えいは過去自身の暴走で起きた事件を言及して“私の誤りがないならばそれではその時内力のために死んだ彼らは誰が殺したのですか”と尋ねた。 引き続き最近その記憶が度々鮮明になるとし“昨日その女を殺すところでした”と苦しんだ。

飛廉(公明方)は本当に後えいが死ぬことを願っていた。 このような心を識別したダイコンと(チョン・スジョンの方)はすべてのスケジュールを取り消して飛廉を24時間監視する計画だった。 だが、少しの間だけでも飛廉の関心が他の所に分散することが起こった。 すぐに河伯(ナム・ジュヒョクの方)の実演だった。 河伯は小児に告白をしたが、彼女は後に訪ねてくる孤独だということが恐ろしくてこれを断った。 飛廉は曲げられたいという河伯に酒を飲ませたしこのことで月夜に乱闘劇が広がった。

この時間にも後えいは小児の周辺をはいかいしていた。 だが、そこまで悩みが終わらなかった後えいは小児の前に直接の姿を現わす代わりに彼女のそばにだけ留まろうとした。 飛廉はいっぱい酔っぱらった河伯を小児の家まで見送った。 取ったものとばかり思った河伯は自身のそばを離れようとする小児を捕まえて少しの間だけそばにあってほしいと要請をした。

ダイコンという飛廉からいっぱい壊れた河伯の姿を見て呆れ返った。 夏至万分けという河伯の壊れた姿を見て心配が先んじる表情であった。 飛廉はひたすら河伯の心配だけのムラを報告胸一角をなで下ろさなければならなかった。 河伯は去る夜、酒に酔っていたことを全部埋めておこうとした。 これに対し小児の前でも普段のように行動しようとした。

河伯は小児とともに海でピクニックを離れるつもりだった。 しかし事故が起こってしまった。 飛廉の携帯電話にあった河伯の動画をムラが目撃したこと。 ここには可能ならば新溪(シンゲ)に戻らないで小児と生きたいという河伯の話に暴走した。
スポンサーサイト
Posted by まりあんぬあしゅー on 08.2017   0 comments   0 trackback
Category :ドラマ情報

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/34123-0561fb60

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR