ヨンウジン〓パク・ミニョン38年だけ再会、ヨクピショルも面白味ものがした結末

0000761099_001_20170804065541667.jpg
'7日の王妃'ヨンウジンとパク・ミニョンは白髪老人で再会して、イ・ドンゴンはヨンウジンの中で死ぬことを迎えた。 歴史的事実も作り出した面白味も全部のがした結末だった。

KBS 2TV水木ドラマ'7日の王妃'が3日放映終了した。 端境王侯神采頃(パク・ミニョンの方)は肺雨になって宮を離れたし、チュンジョン二役(ヨンウジン)は彼を引き続き懐かしがった。 延山郡(ヨンサングン)イユング(イ・ドンゴン)は自身の過去を反省して弟(妹)駅の中で死んだ。

'7日の王妃'は歴史上最も短い期間である7日という時間の間王妃の席にあった端境王侯とチュンジョンの悲劇的な愛をモチーフにした史劇だ。 初めてこれらの話が史劇で作られるという話を聞いた時、多くの人々が'スカート岩説話'中感動的な愛を期待しただろう。

'スカート岩説話'は端境王侯を忘れることができなかったチュンジョンが慶会楼(キョンフェル)に上がって肺非シンシウイボンガがある仁王山(イヌァンサン)麓を眺めたし、これを聞いたシンさんが自身の赤いスカートを慶会楼(キョンフェル)が見えるところの上にかけておいたという話だ。 この話の真実の有無は誰も分からないがチュンジョンと端境王侯を思い出させる時一番最初に思い出す話だ。

しかし作家は二人の愛をこういうかすかさから終わらせようとしなくて、二人お互いの初めての愛であり最後の愛であることを強調しようと38年ぶりの再会という無理を強いた。

実際の歴史でチュンジョンは端境王侯が廃位された後センター前に上がった長径王侯が死んで、肺非シンさんの復位をいう臣下のチョンを受け入れないで、門庭王侯を鶏肥とした。 野史にチュンジョンが崩御前端境王侯シンさんを呼んだという話があるが、その再会をロマンティックに描くのは先んじた38年の歴史をサグリ否定するのと違うところがない。

どうせ歴史歪曲で始めたことを、その事実まで認めて逆境カップルを応援したドラマ ファンたちにも親切な結末ではなかった。 二人の幸せな瞬間は全部想像であり結局二役と神采頃は38年の間守節してお互いを会えなかったため。

このように'7日の王妃'は歴史に記録されたセドゥエンディンも、想像力が作ることができるハッピーエンドも全部のがしたどっちつかずの結末で終わりにした。 その渦中にも美しかったヨンウジン-パク・ミニョンのセーミと最後まで延山郡(ヨンサングン)に熱演を広げたイ・ドンゴンがより一層惜しく感じられた。
スポンサーサイト
Posted by まりあんぬあしゅー on 04.2017   0 comments   0 trackback
Category :ドラマ情報

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/34051-c1c76d60

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR