'秘密の森'ユ・ジェミョンのピクピチョ、チョ・スンウは笑った'サイダー結末' (総合)



'秘密の森'チョ・スンウが検察不正ゲートを放った。

30日放送されたtvN '秘密の森' 16回ではファン柴木(チョ・スンウの方)がイ・チャンジュン(ユ・ジェミョン)をパク・ムソン事件の背後だと目星をつけた。

この日薄霧性を殺害したユン課長(イ・キュヒョン)を動くことができて英恩讐(シネでは)を殺害したと判断される利潤犯(イ・ギョンヨン)の秘書ウ室長を知っている人物はイ・チャンジュンだけだと確信したファン柴木は直ちにイ・チャンジュンに電話をかけたし、ファン柴木の電話を受けたイ・チャンジュンはすでに全てのものを知っているというもよう彼に出会いを提案した。

ファン柴木はイ・チャンジュンが待っていると話した弘済洞(ホンジェドン)工事現場へ向かった。 工事現場にあるイ・チャンジュンはどういうわけか妙な雰囲気を漂っていた。 彼は素直に薄霧性とキム・カヨン殺害を使嗾したのを認めた後"拒むべきだったのに...下請け一度受けるようにしてほしいというパク社長を取り払うべきであった"と後悔した話を残した。

彼はファン柴木に"悔やまれる。ただ一度の判断錯誤であった。君ならば。後悔する仕事を作ったのだろうか..."と話して"日が本当に良い。手錠をかけて。受刑番号を胸に付けてあっちこっち言いなりになることだ。後輩検事たちに追及受けて...変だ。私の前で調査受けた社内.今それがなぜ思い出そうか. 捕虜で言いなりになるか。 戦場(全長)から消えるか"とつぶやいてゆっくり後に歩き始めた。

イ・チャンジュンの足はいつのまにかきわどく建物終わりに立っていた。 ファン柴木は彼が建物で走っておりようとするということを直感してイ・チャンジュンを救おうとしたが彼が止める間もなしでイ・チャンジュンは下へ飛び降りてしまった。 おりしもの下にあった書洞(ソドン)材(イ・ジュニョク)は血を流して死んでいくイ・チャンジュンを発見した後嗚咽したし、死んでいったイ・チャンジュンは"君はまだ機会がある。 東斎だ。 君はイ・キルロくるな"という遺言(流言)を残した。

彼は死ぬ前ファン柴木に一組グループと西部地方検察庁で起きた公職者の不正とコネクションに対する内容を整理した証拠を全部残した。ファン柴木が検事たちにそれらを公開するとすぐにクゴスノムチョンナン 波紋(波長)に戻った。一組グループ会長である利潤犯も検察調査を避けられなかった。 彼はカメラの前で"検事たちが私をしばって結ぶことができるかも知らないが出た大韓民国歴史の中で無罪だ"と自身の潔白を強調した。 しかし彼の前に現れた英恩讐は"君は人を殺しても人でない。 君の婿イ・チャンジュンが。 君が殺したことだ"と厳しい忠告を与えた。

利潤犯は最後まで自白しなかったけれどファン柴木は利潤犯を拘束させたし、ファン柴木を訪ねてきた離縁材は"君が勝ったと考えるか。君は一生後悔することになることだ。私達を触ったことを胸を打って.."と脅迫した。彼女の話にファン柴木は淡々とイ・チャンジュンが残した手紙を渡した。 

イ・チャンジュンが残した手紙の内容はこうした。 "これは場人のなどに刃物を花は背信者のことでなく検察が奪い取ったことでなければならない。 それでこそ強力な物証で効力と信憑性が付与される。 不正腐敗が害悪の段階を越えて人を殺している。 基本が数十,数百の命だ。 初めから刃物を抜くべきであった"として"変えなければならない。 私がすることができることが何なのかを探して版をひっくり返さなければならない。正常な方法ではすでに遅れた。もう口を開いて話してカーテンを片づけて秘密を表わさなければならない。私はこれが開始になるのを望む"という内容だった。 

イ・チャンジュンの暴露で過ちを犯したこれらは裁判長に立つことになった。 警察庁長官キム・ウギュンはわいろ授受疑惑で懲役3年6ヶ月を宣告受けた。 ハン・ヨジンとチャン刑事はこのことを契機に昇進をしたし、ファン柴木はニュース プログラムに出演してイ・チャンジュン ゲートに対する内心を明らかにした。 彼はカメラに向かって"故人であるイ・チャンジュンさんは共に不正腐敗を犯した人々を脅迫するために録音文書を残したのではなかった。 その方の遺言(流言)だった。 最後まで財閥に忠実だった手先に残るようにしなさい。 それでこそ本人が残した証拠が力を得るようにするということだった"と明らかにした。

引き続き彼は"本人は大のためにソウル犠牲すると感じたが、私は小さい命のようなものを見たことがない。 ある刑事がそうしたよ。 目をつぶって沈黙するとすることだと。 私たちの検察は誤ったのを正す監査機関で失敗した"として"私たちは無罪推定の原則を賦課権力に合わせて保護した。 その失敗の累積物がイ・チャンジュン検事長であり私たちの検察皆が共犯だ。 この席を祈って謝罪しなければなければならないと考える。 検察が国民の皆様を失望させた"と検察を代表して代わりに謝った。

イ・チャンジュン ゲートによって功績を立てたハン・ヨジンとチャン刑事は昇進をすることになったし、友達キム正本も大型ローファームに就職した。 刑務所にカチョあったユン課長は自身を訪ねてきた薄霧性の息子に心より参会(懺悔)の謝罪をした。 しかしファン柴木は違った。 彼は予定されていたアメリカ研修取り消し通知を受けたし、南海で発令受けたという便りを伝え聞いた。

ファン柴木は要人移動通知を受理しては清州(チョンジュ)検察庁にあった自身をソウル西部地方検察庁に呼び入れてきた人がすぐにイ・チャンジュンであったという話を伝え聞いた。 自身の先輩カン・ウォンチョルが検事長になったのもイ・チャンジュンの推薦のためだった。 彼はかなり以前からこれらすべてのものを計画したしファン柴木に全てのものを任せるために彼に力になる人でカン・ウォンチョルを定めておいたものだった。 "君は絶対私を被告人でたてることはできない"と話したイ・チャンジュンの話の意味をその時初めて知るようになったファン柴木はとても苦々しいといった。

反面、イ・チャンジュンの妻離縁材は夫の墓を訪ねて行って"あなたがどれくらい強固だったのに.. 話をするだろう"として涙を流した。 引き続き彼女は一組グループの代表理事で選任されたし、利潤犯は至難犯検察出頭の時の姿とは違って車椅子に乗って記者たち前に立った。

一方、南海発令で地方に行っていたファン柴木は国会議員の不正特検チーム担当検査に指定された。便りを伝え聞いた彼は机の上に置かれた特検チーム写真を眺めたし、特に彼はハン・ヨジンが描いた自身のモンタージュを見て微笑む作った。  

スポンサーサイト
Posted by まりあんぬあしゅー on 30.2017   0 comments   0 trackback
Category :ドラマ情報

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/33972-b3d4f67f

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR