‘SMTOWN LIVE’、日東京ドームも惹かれた...10万観客熱狂



‘SMTOWN LIVE’の6回目ワールド ツアーがソウル、大阪に続き東京でも大盛況を成し遂げた。

‘SMTOWN LIVE WORLD TOUR VI IN JAPAN’(エスエムタウン ライブ ワールド ツアー6人ジャパン)は去る27~28日日本、東京ドームで開催された。 二日間10万観客を動員した。

今回のコンサートには強打、ボア、東方神起、ユノ・ユンホ、スーパージュニア、少女時代、シャイニー、f(x)ルナ、エクソ、レドゥベルベッ、NCT,トゥレクス、ヘンリー、サンデー、第二民などSM所属歌手はもちろんSMXミスチックの‘雪だるまプロジェクト’を通じてNCTマークと呼吸を合わせたパク・ジェジョンも出演した。 4時間30分の間50余曲の多彩な舞台をプレゼントして熱い呼応を引き出した。

NCT DREAMの‘最後の初恋’で公演の開始を知らせた。 チャニョルXウェンディ‘Stay With Me’、サンデーX倒影‘見えて’、強打X誉声‘食べるだろう’、パク・ジェジョンXマーク‘Lemonade Love’等‘SMTOWN LIVE’だけで会える特別な協業舞台で視線をひきつけた。

ソロ歌手でも大きな愛を受けているスーパージュニア誉声、少女時代平然、ティファニー、ヒョヨン、ソヒョン、シャイニー、ジョンヒョン、テミン、f(x)ルナなどのソロ曲舞台も繰り広げられて多様なジャンルの音楽と派手な舞台演出が交わった最高の公演で観客をひきつけた。

特に最近発表されてグローバル音楽チャートを席巻したエクソの新曲‘Ko Ko Bop’舞台を日本では初めてリリースして観客の世間の注目を集めた。

レドゥベルベッの‘真っ赤な味’とNCT 127の‘Cherry Bomb’、強打の‘Calling Out For You’等各チームの代表曲はもちろん少女時代‘GALAXY SUPERNOVA’、シャイニー‘Get The Treasure’等日本ヒット曲らもリリースして歓呼を受けた。

一緒にボアの‘CAMO’プロジェクト舞台と東方神起、ユノ・ユンホの新曲‘Drop’舞台も繰り広げられて公演会場の雰囲気を最高潮に引き上げた。 最近転役した東海とウニョクが合流して舞台をリリースしたスーパージュニアの‘Devil’等最上スターのヒット曲パレードが続いた。 日本でも大きな愛を受けているスターであるだけに流ちょうな日本語で観客らと上手に疎通して公演を導いて目を引いた。

観客は4時間を越えるランニング タイムずっと起立したまま熱情的に舞台を楽しんだ。 去る大阪公演に続き周波数で遠隔制御される腕時計型ペルライトゥを演出に活用して多彩な色で大規模公演会場である東京ドームを染めてより一層派手な公演を完成させた。

‘SMTOWN LIVE WORLD TOUR VI IN JAPAN’の東京ドーム公演は日本、東京、大阪、名古屋、福岡など全国約50個の映画館で公演実況を生中継するライブ ビューぶうんとも進めた。 二日間6万人の観客が観覧して今回の公演に対する現地の高い関心を立証した。

スポンサーサイト
Posted by まりあんぬあしゅー on 29.2017   0 comments   0 trackback
Category :KーPOP

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/33957-b91e9df0

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR